体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠中、夫から突然の「起業したい」宣言。その時妻は…【挑戦者を支えた「家族」の葛藤】

近年、起業や転職に関するトピックでは「嫁ブロック」という言葉が聞かれるようになりました。「嫁ブロック」とは、妻による夫の起業や転職への反対や抵抗のこと。しかし妻の視点で考えると“ブロック”にもさまざまな理由があるのではないでしょうか。

この連載は、実際に起業・転職を果たしたビジネスパーソンと、それを支援したパートナーや家族の話をうかがい、起業までにどんな課題があり、どう克服したのかをお聞きします。

今回登場いただくのは、大手人材サービス会社で社員として働きながら「ハッカソン芸人」として活動を広げ、2016年4月に独立、株式会社オムスビを設立した羽渕彰博(ハブチン)さんと妻の綾佳さんです。

実は、お二人には2016年4月に生まれたお子さんがいます。ということは、夫の起業独立と出産が同時期……? ますます綾佳さんのお話を聞きたくなりました。

f:id:junko_one:20171004194536j:plain

(右)羽渕彰博(ハブチン)さん プロフィール:

1986年大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社。転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事しつつ、アイデアを短時間で具現化する「ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。2016年4月に独立し株式会社オムスビを設立、企業研修ファシリテーションや事業創出コンサルティングでも実績を伸ばしている。

(左)羽渕綾佳さん プロフィール:

1986年生まれ。ハブチンさんと同期入社で出会い2010年に結婚、2016年に一児の母となる。現在は育児休業中。夫の起業後、ともに移住した逗子で子育てをしながら、料理や整理整頓の知識を生かしたレシピ発案・記事執筆なども始めている。

妊娠6カ月、夫から突然の「辞めたい」宣言

―ハブチンさんは以前から「起業したい」という話はしていたんですか。

綾佳さん: あまり現実的な話はしていませんでした。私たちは同じ会社に就職して同期として出会い、2010年に25歳で結婚したのですが、そのときは「ゆくゆくは違う仕事をしたい」とは言っていたくらいです。本気ではなさそうだったので「ふうん、できたらいいね」と聞き流していました。でも昨年、待望の子どもを授かって私が仕事と生活のバランスを考えていたときに、いきなり「僕、会社辞めたいねん」って告げられたんです。

私の父はイラストレーターで収支の組み立てがしづらかったこともあり、毎月定額の給料が入ってくる会社員の生活には昔から憧れがありました。だから結婚したときは「会社員の妻」になってその願いが叶ったと思ったんですね。

妊娠6カ月になる2015年12月までは起業の気配はまったくなくて「ああ、ずっと会社員でやっていくのだな」と思っていました。でも妊娠して出産を控え、私も休むので経済的にどうしようか悩んでいたら、爆弾のように急に「辞めたいんだけど」と言われて「えー!」と驚いたのが正直なところです。

―ハブチンさんは起業話をそれまで温めていたんですか。

ハブチンさん: いえ、実は僕も辞めるつもりはなかったんですよ。会社では自分がやりたいことをやらせてもらっていて、忙しかったけれど不満はありませんでした。でもちょうどその頃、自分がやりたいことが目の前に現れたのに会社に止められてしまったんです。初めて「壁」を意識しました。奥にやりたいことが見えているのに遮られて進めない。やったら絶対大きなチャンスにつながるのにできない。

f:id:junko_one:20171004195408j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。