ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スリが諦めるバックパック「Bobby」にビジネスバージョンが登場!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スリが盗めなくて悔しがるバッグBobby Backpackを覚えていますか?

いままでにありそうでなかった形状で、バックパックの開けクチが見つからない、ロック機能付き、貴重品の隠しポケットなど、セキュリティに優れながらもオシャレなスタイルで話題になったバックパック。

そのBobbyにビジネスでも使えるバージョンが出たのでご紹介します。すでにクラウドファンディングINDIEGOGOで予約販売を行っているのですが、1000%超えの出資が集まり大人気です。

・ビジネスライクなシンプルデザイン&横持ち可能

Bobby Bizzは、ややポップだったBobbyBackpackと比べかなり落ち着いた色と形状。それでいて硬すぎない感じが好印象です。

ビジネスライクに欠かせない横持ちの取っ手がさり気なく付いていて、通勤の際は背中に背負うリュックスタイル、お得意先に行く際は横持ちのビジネススタイル。と使い分けられます。

もちろん、横持ちの際は背負う為のバンドを完全に収納できるので、カバンも頭も切り替えてビジネスシーンに臨めます。

・やはりスリは盗めない

電車を待ちながら電話をしている、Bobby Bizzの持ち主。背後からスリが近寄っても気付きません。危険が危ない!!

でも大丈夫。スリは開けるところを見つけられないので、モタモタしている間に諦めて帰っちゃいます。

筆者もBobby Bizzの写真や仕様をクラウドファンディングのページで見ているんですが、ぱっと見どうやって開けたら良いかよくわかりません。

また、バンドにはダイヤルロックが付いていて、より盗むなよ?と圧力をかけてきます。

コワーキングスペースやカフェで作業する際にデスクにくくりつけておけば、コーヒーを取りに行ったり、トイレに行ったりする間も安心ですよね。

普段使いではなく、旅行時のセカンドバッグとしても使えるので明らかに防犯を意識した装備があるのはセキュリティ上有効と言えます。

また、Bobbyでもあった「ナイフでも切れない機能」はもちろん健在なので、ナイフ・カッターなど刃物で無理やり開けられる心配もありません。ステキ。

・使う本人はアクセス良好

スリにとって最悪のカバンですが、持ち主にとってアクセスは良好です。

中身に軽くアクセスしたい際は30°、作業しながらカバンの中身を俯瞰したいときは90°の直立スタイル、空港のセキュリティチェックの際は180°まで開きます。利用シーンに合わせて柔軟に使えるのは、超、アリ。

Bobby Bizzは、クラウドファンディングINDIEGOGOで出資をうけており、すでに1000%を超える資金が集まり商品化が決まっています。

いまなら93ユーロ(約1万2220円)で購入でき、お届けは11月の予定です。

……え?マジ?欲しい。

気になる方は以下のリンクからどうぞ!ガチ目の一眼レフを持ち歩かないのであれば、十分使いやすいと感じます。

Bobby Bizz, The Business Briefcase and Backpack | Indiegogo

前回の記事→スリが「ちくしょう、盗めねえ」と諦めるバックパック「Bobby」が登場!デザインもスタイリッシュ | Techable(テッカブル)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。