ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネジやボタンのレンズカバー付きのスパイカメラ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ネジやボタンのレンズカバー付きのスパイカメラ

品質の高さと堅牢性で、その道のプロにもファンが多いのがサンメカトロニクス製の調査用機材。中華製の安価な製品とはひと味違う、本気のスパイグッズが人気の秘密です。そんなサンメカトロニクス製のネジやボタンのレンズカバーが付いた、遠隔操作が可能なスパイカメラを紹介しましょう。

スパイカメラのレンズをネジで偽装

サンメカトロニクスの「PMC-5S」は、カメラ部分とレコーダー部分が分かれているため、さまざまな場所にセッティングできるスパイカメラです。カメラをボタンやネジのレンズカバーで擬装します。

付属品には、ダミーのネジなどが豊富に揃っており秘匿性はかなり高いでしょう。実際にネジでレンズを擬装したところ、レンズの存在はまったくわかりません。付属する同色のネジを何個か使用すると、秘匿性が高まるでしょう。

スパイカメラの使い方は、レコーダー部の「Power」ボタンで電源を入れ、もう1度押すとWi-Fiが起動。Wi-Fi接続したスマホから遠隔操作することもできます。「Rec/Stop」ボタンで撮影・停止をする仕組みです。

スパイカメラの遠隔操作は専用アプリ

Wi-Fi接続によるスパイカメラの遠隔操作には、専用アプリ「PV Cam Viewer」を使用します。これでスマホなど手元の端末で画角を確認しながら撮影できるようになるわけです。アプリはApp Store、Google Playで無料で入手できます。

スパイカメラの画質はフルHD解像度。実際に映像を見てみても、ターゲットの詳細まで捕らえられていました。長期間の監視などに向いているでしょう。

スペックとしては、動画解像度は最大1920×1080ドット、保存ファイル形式はMOV、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。レコーダー部のサイズ/重さは54W×21H×84Dmm/100gとなっています。電源は内蔵バッテリー3.7V/2,200mAhリチウムイオン充電池。実勢価格は59,400円です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。