体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

速報!! Google HomeとGoogle Home mini、いよいよ日本上陸。おうちライフ、激変の予感

日本時間10月5日深夜、アメリカのサンフランシスコで行われた「Made by Google」イベントで、Googleの最新ハードウェアの数々が発表された。

この「Made by Google」イベントでは、冒頭で、このGoogle Homeファミリーが日本でも発売されることになったとアナウンス。会場から歓声が沸き上がった。そう、待ちに待った日がやって来た。いよいよ日本上陸なのだ。

ご存知の通り、Google Homeは、AmazonのEchoシリーズなどと並ぶスマートスピーカーの人気製品で、アメリカのおうちライフを劇的に変えつつある。今回発表されたGoogle Homeファミリーは3アイテム。Google HomeGoogle Home Mini、そしてGoogle Home Maxだ。

すでにアメリカでは大人気のGoogle Home


画像提供:Google

Google Homeは、高さが約14.3cm、直径が約9.6cmで、マグカップをふたつ重ねたほどの大きさ。この本体の中にスピーカーが3つ配置されていて、360°サラウンド、どこからでもGoogleアシスタントの声や音楽がクリアに聞こえる。また、騒がしい環境の中でも人間の声をきちんと聞き分け、正確に意味を判断することができるという。

たとえば、「OK Google、明日の予定は?」と語りかけると、Google Homeが「明日は午前9時からかくかくしかじかで……」などと予定を教えてくれたり、あるいは天気予報や野球の試合結果を知らせてくれたり、音楽をかけてくれたり、家電をコントロールしてくれたりするわけなのだ。

ニューカマーGoogle Home Miniはマカロンそっくり


画像提供:Google

新しくお目見えしたGoogle Home Miniは、機能はGoogle Homeと変わらないが、直径が98mm、高さが42mmと小型化され、まるでマカロンのような形をしている。しかも49ドルとかなりのお手頃価格。

リビングルームのインテリアとマッチするようにと、本体上部は上品なファブリック(生地)で覆ったという。場所も取らないので、どこにでもおける。上部の4個のLEDがピコピコ光って動作状況を表すのがとてもかわいい。小さいながらもスピーカーの音質はいいとGoogleは言う。


Google HomeとGoogle Home Miniのスペック

パワフルなサウンドを誇るGoogle Home Max

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会