体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山芳製菓×マリンフード『ポテトチップス 私の燻製バター味』3カ月限定販売!その味は?幻になる前に急げ!

 

希少価値の高い「燻製バター」が期間限定でポテチになった! 山芳製菓『ポテトチップス 私の燻製バター味』は、マリンフードの「私の燻製バター」とコラボレーションした注目の新商品。今しか味わえないということで、さっそくチェック!

マリンフード「私の燻製バター」がポテトチップスとして登場!

山芳製菓株式会社(東京都板橋区)『ポテトチップス 私の燻製バター味』(48g・希望小売価格 税抜130円・2017年8月21日発売)は、今大人気の調味料「ミルクを食べる乳酪 私の燻製バター」(株式会社マリンフード)とのコラボレーション商品! 希少な燻製バターとポテチとの組み合わせは、おいしい予感でいっぱいだ。

 

山芳製菓といえば「わさビーフ」をはじめ、マツコデラックスさんが勇気を称えつつも酷評した「ポテトチップス キャビア味」「ポテトチップス 炙りユッケ味」など一風変わったユニークな商品を開発するのが得意な企業。先日ご紹介した「パインアメ味のポテトチップス」、そして「ポテトチップス 岩下の新生姜味」など、ブランド同士のコラボにも積極的だ。

今回、初めてポテトチップスになった調味料「私の燻製バター」は、その製造方法がむずかしく希少価値の高かった燻製バターを一躍有名にしたブランド。30℃で溶けだしてしまうバターを溶かさずに、しかも短時間で燻製する特殊な技術を生み出したマリンフードだからできるヒット商品だ。

 

「私の燻製バター」はおつまみとしてそのまま食べられるだけでなく、バケットやクラッカーに乗せたりステーキに乗せたり、パスタやきのこソテーの味付けに使ったりと味わい方はさまざま。燻製バターならではのスモーキーな香り立ちが特長で、シンプルにトーストに塗って食べるだけでも特別感がある。じゃがいもとの相性も抜群!

 

 

『私の燻製バター味』を食べて、香りや味わいを確かめてみた!

ポテトチップスによくあるのは「バター醤油」味。バターのみのポテチはめずらしく、しかも希少な「燻製バター」というからその香りが気になるところだ。

『私の燻製バター味』は袋を開けるとまずバターの香りがふんわり。それほど強い香りではないが、ベーコンを焼いたときのような燻製らしい香りはハッキリとわかる!

さっそく1枚食べてみると、薄切りチップスがパリパリサクサク。 燻製らしい香りはかすかに感じる程度だが、じゃがいもの旨味にバターの香り、あまじょっぱさが相性抜群!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会