体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気になるあの汚れにも!セスキ炭酸ソーダ水の活用術

気になるあの汚れにも!セスキ炭酸ソーダ水の活用術

セスキ炭酸ソーダ水を使った掃除方法をご紹介。同じくナチュラルクリーニングに使われる重曹との違いや、セスキ炭酸ソーダ水が得意な汚れ、使ってはいけない場所などをもれなく解説していきます。

目次

重曹とどう違うの?セスキ炭酸ソーダの特徴

セスキ炭酸ソーダ水の作り方

セスキ炭酸ソーダ水を使った掃除方法5選

 

重曹とどう違うの?セスキ炭酸ソーダの特徴

© PIXTA

まずは簡単に、セスキ炭酸ソーダの特徴を解説。
お掃除に使われる重曹とよく似た性質ですが、こんな違いもあるんです。

 

セスキ炭酸ソーダって?

セスキ炭酸ソーダとはアルカリ性の洗浄力を持ち、主に入浴剤などに使用されている粉末状の物質です。
重曹と同じく自然派の洗浄剤として使われることもあり、重曹より水に溶けやすいのが特徴です。

 

セスキ炭酸ソーダの力とは

重曹と似た性質とは言いながら、実は得意な汚れが異なります。
セスキ炭酸ソーダは酸性の油脂やタンパク質による汚れを分解する力があり、手垢や油汚れに特に効果を発揮します。
反対に重曹は研磨力が強く、焦げ付きを落とす用途などに向いています。

 

セスキ炭酸ソーダ水の作り方

© PIXTA

セスキ炭酸ソーダをお掃除に使うなら、水に溶かしてスプレーとして使用するのがお手軽です。

 

セスキ炭酸水スプレーの作り方

【用意するもの】

セスキ炭酸ソーダ・・・小さじ1杯

水・・・500ミリリットル(カップ1杯)

スプレーボトル・・・1本

【セスキ炭酸水スプレーの作り方】

スプレーボトルに、指定量の水とセスキ炭酸ソーダを入れます。

ボトルのフタを閉め、よく振ってセスキ炭酸ソーダが溶ければ完成です。

ガラスやポリエチレン製など耐油性のあるボトルなら、アロマオイルを2、3滴垂らして好みの香りを付けることもできますよ。
アロマオイルとセスキ炭酸ソーダ水は分離しやすいので、よく振って充分に混ぜ合わせてから使用しましょう。

 

セスキ炭酸ソーダ水を使った掃除方法5選

セスキ炭酸ソーダ水を活用した、気になる汚れの掃除方法をご紹介します。

 

1.キッチンの油汚れ

© PIXTA

換気扇やガスコンロの五徳などの油汚れは、セスキ炭酸ソーダ水が得意とする汚れです。
【用意するもの】

セスキ炭酸水スプレー・・・適量

雑巾・・・2枚

【セスキ炭酸水スプレーを使った油汚れの掃除方法】

セスキ炭酸水スプレーを拭きかけて、汚れが浮いてくるまでしばらく放置します。

汚れが浮いてきたら、雑巾を使って拭き取ります。

最後に別の雑巾を使って水拭きすれば、お掃除完了です。

ガンコな汚れに対しては、セスキ炭酸水スプレーを吹きかけたキッチンペーパーでパックしてみると良いですよ。
それでも落ちないときは、分量を多めに作ったセスキ炭酸ソーダ水に換気扇や五徳を浸し、つけおき洗いしましょう。

 

2.排水口や三角コーナーのぬめり

シンクの排水口や三角コーナーに付着したぬめりはタンパク質の汚れなので、ここでもセスキ炭酸ソーダ水が活躍します。
【用意するもの】

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。