ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一度は行きたい!「食事が美味しい」おすすめの口福宿【西日本】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
一度は行きたい!「食事が美味しい」おすすめの口福宿【西日本】

兵庫の神戸ビーフに三重の伊勢海老、そして山口のふぐなど、その土地ならではの食材を本場で味わえるのが旅の醍醐味。一口で幸せな気持ちになります。

そこで、一度は行きたい!と誰もが憧れる、美食を提供する宿をご紹介!今回は西日本エリアの宿からセレクトしました。

ここでしか食べられない絶品料理を味わいに、足を運んでみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

割烹旅館もみや【大分県別府市】

大分が誇るブランド魚を上質な空間で堪能できる幸せ。

割烹旅館もみや豊後水道で一本釣りにされ、佐賀関に水揚げされたブランド品。アジが高級品として認められたさきがけでもある。関あじは春~秋、関さばは秋の終わり~冬に旬を迎える。割烹旅館もみや前菜。夕食は京都出身の板長が手掛ける京風会席。料理はすべて夕食一例割烹旅館もみや鉢物。暑い時期はガラスを使うなど器でも季節感を演出割烹旅館もみや椀物。丁寧に取った出汁が上品に香る割烹旅館もみや客室「桔梗」の天井は竹を張り巡らせたデザイン。客室はすべて意匠が異なる割烹旅館もみや石畳のアプローチから館内へ。苔むした庭も美しい割烹旅館もみや庭を眺めながら入浴を楽しめる「桧皮の湯」。古代檜を利用した浴室で別府の湯を堪能できる割烹旅館もみや館内には「小さな美術館」があり、宿泊客は古伊万里や希少な美術品を鑑賞可能

別府駅東側に広がる閑静な住宅街で、風格のある門構えが目を引く『割烹旅館もみや』。エントランスに足を踏み入れれば、江戸時代中期に活躍した池大雅の書がゲストを出迎える。「ここは趣味の館だね、っていわれることもあるんです」と話すのは、二代目女将の吉田一子さん。戦後5部屋からスタート、少しずつ増築を重ねた館内には、先代の女将が収集した骨董品や貴重な掛け軸などがそこかしこに飾られている。地元の伝統工芸である竹細工が随所にあしらわれているのも印象的。温泉街の喧騒とは無縁の、緩やかな時間が流れている。そんな特別な場所で味わえるのが郷土の誇るブランド魚、関あじの姿造りだ。潮流の速い海域で育つ関あじは締まった身が特徴。さらに獲れたてを捌くため、噛めば歯を押し返すようなぷりぷりの食感を楽しめる。秋が深まれば関あじにかわり、関さばが食べ頃に。こちらも姿造りで味わうことができる。近年は熟成が話題に上ることが多いものの、関あじと関さばは徹底して鮮度にこだわるのがご当地流。上質な空間でいただくことで、その喜びは一層増していく。 割烹旅館もみや

TEL/0977-23-5121

住所/大分県別府市上田の湯町5-22

料金/1泊2食2万4990円~、関あじ姿造り(別注)1万800円

アクセス/電車:JR別府駅より徒歩7分 車:大分道別府ICより20分

「割烹旅館もみや」の詳細はこちら

小宿 縁【兵庫県豊岡市】

但馬牛の中でも特別に育ったプレミアムな肉質の虜に。

小宿 縁小宿 縁契約牧場・上田畜産で丹念に育てられた牛。脂の融点が一般の黒毛和種の約半分と低くサラリとした舌触りと上質な甘みが特徴。小宿 縁好みの焼き加減で楽しめる炭火焼き。本わさびと塩だけでなく炭も地元産にこだわっている小宿 縁夕食の炭火焼きコース一例。メインの肉だけでなく前菜やサラダ、カレーにも但馬玄を使うプレミアム牛三昧のひととき小宿 縁すき焼きは赤身と霜降り肉の食べ比べプランが好評小宿 縁シモンズのベッドを置いた和洋室。館内禁煙で宿泊は中学生から小宿 縁2つの貸切風呂は無料で利用できる小宿 縁外湯めぐりのあとは1階のカフェバーで湯上がりのドリンクを楽しみたい

明治の頃から肉質の良さが喧伝され、今も特別な和牛として一目置かれているのが但馬牛。実は国内各地で生産されている黒毛和種の血統をたどれば、殆どが但馬牛に行き着くという。その故郷に近い城崎温泉にあるのが『小宿 縁』。ダイニングでは但馬牛を専門に扱い、しかも特別な肉を用意する。

オーナーの田岡聖司さんが惚れ込んだのは、契約牧場で但馬玄と呼ぶプレミアム牛。但馬牛の中でも月に数頭しか出荷されない限定品だ。夕食はステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなどのプランから好みで選ぶスタイルだが、田岡さんのおすすめは炭火焼き。地元産の本わさび&塩が肉本来の旨みを引き出してくれるそう。プレミアム牛を味わえるのに宿泊代をギリギリまで抑えたのは「本物の牛肉の良さを知ってほしいから」。肉を愛するオーナーの情熱に支えられている。 小宿(こやど) 縁(えん)

TEL/0796-32-4870

住所/兵庫県豊岡市城崎町湯島219

料金/1泊2食1万5120円~

アクセス/電車:JR城崎温泉駅より徒歩3分 車:豊岡北近畿道日高ICより30分

「小宿 縁」の詳細はこちら

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド【兵庫県神戸市】

開港150年を迎えた神戸港の煌めく夜景に酔いしれながら。

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド日没後、神戸ポートタワーが点灯しモザイク大観覧車や神戸海洋博物館のライトアップもスタート。レストラン『ル・クール神戸』では美しい光に彩られた神戸港が特別な舞台を演出してくれる。ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド丹波栗きん豚の自家製ハム 丹波栗のチャツネ。丹波栗で育てたブランド豚を使用ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド丹波篠山牛と丹波栗きん豚のグリエ。ともに9月~の丹波フェアの料理一例ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド港に面した立地を生かし、全客室にオーシャンビューテラスを設置ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドスイートルーム一例。内装は高級感漂うヨーロピアンモダンで統一ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド食育への関心も高い田中耕太郎総料理長

ガラス窓の先に広がるのは、暮れなずむ神戸港のオーシャンビュー。港のシンボル、神戸ポートタワーは徐々に明るさを増し、周囲にきらびやかな光の粒が広がっていく。ホテル2階のレストラン『ル・クール神戸』で始まる、ディナータイム。ベイエリアの夜景に誰もが心浮き立つ絶好のロケーションだ。

料理は特別な舞台にふさわしい本格派フレンチ。地産地消をコンセプトに掲げ、旬の味覚を大切にする。世界的なブランドの神戸ビーフはもとより、地域で大切に育まれてきた食材を使うことにも積極的。播磨、但馬など兵庫五国にスポットを当てたコース料理「五国の味めぐり」も好評だ。全てのディナーコースの最後に付くのがデザートのワゴンサービス。食べたいものを、好きなだけ…。美しい夜景を眺めながら、魅惑のひとときを過ごしたい。 ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド

TEL/078-371-1111

住所/兵庫県神戸市中央区波止場町7-2

料金/1泊2食2万5100円~

アクセス/電車:JR神戸駅より徒歩10分 車:阪神高速京橋出口より5分

「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」の詳細はこちら

志摩観光ホテル ザ クラシック【三重県志摩市】

繊細な匠の技で進化を遂げた、海の幸フレンチの晩餐へ。

志摩観光ホテル ザ クラシック鮑のテリーヌ 香草ソース~三重県産茸のマリネとサラダとともに/刻んだ鮑がたっぷりと入った贅沢なテリーヌ。風味豊かな香草ソースと鮑の食感が秀逸。添えられたマリネが味に変化をもたらしてくれる志摩観光ホテル ザ クラシック火を通すほど鮮やかさを増す伊勢海老。上品なソテーは身のプリプリ感と濃厚な味噌がたまらない志摩観光ホテル ザ クラシックホテル伝統の鮑ステーキ。バターのコクとあおさがふわりと香るソースが肉厚の柔らかな身に絡む志摩観光ホテル ザ クラシック季節のデザート。ジュレやムースなど異なる食感と3層の味わいが楽しめる。食後の珈琲とともに堪能志摩観光ホテル ザ クラシック樋口総料理長。伝統と感性が生みだす料理がゲストを魅了志摩観光ホテル ザ クラシック養殖真珠の筏が浮かぶ英虞湾が広がるレストラン「ラ・メール ザ クラシック」。夕刻は一段と美しい志摩観光ホテル ザ クラシック英虞湾を一望する宿泊客専用のゲストラウンジ。無料のお菓子やドリンクも志摩観光ホテル ザ クラシック客室は全114室。窓から英虞湾や賢島を眺める温かみあふれる落ち着いた空間だ

秋のメニュー(一例)

[アミューズ]鮑のテリーヌ 香草ソース~三重県産茸のマリネとサラダとともに

[スープ]伊勢海老クリームスープ

[魚料理]伊勢海老アンティーブ風ソース 鮑ステーキ あおさ香る鮑のソース

[デザート]ココナッツのババロア、コンポートアプリコットのアニスジュレ添え

複雑なリアス式海岸が織りなす英虞湾の美しい景観。その豊かな海を目の前に望む高台に建つのが志摩観光ホテルだ。開業以来、半世紀以上にわたり各国の要人達を魅了、遠来のゲストも足を運ぶ理由――それはホテル伝統のレストラン「ラ・メール ザ クラシック」で味わえる「海の幸フランス料理」にあるといっても過言ではない。

志摩は古来より「御食国」と呼ばれる食の宝庫だ。その恵まれた立地ゆえ、地元漁港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を活かしたメニューが料理の中心となる。なかでも欠かせないのが、この地域を代表する食材・鮑と伊勢海老。肉厚で弾力に富む鮑は伝統の技法で丁寧に下ごしらえ。堂々たる威厳と豪華さをもつ伊勢海老はオーダー後に生きたまま調理するこだわりだ。料理を監修するのは総料理長の樋口宏江さん。前菜のテリーヌからスープ、ステーキまで…食材の持つ力強い味わいは磨き抜かれた繊細な技によって見目麗しきフレンチに昇華されてゆく。

夕陽色に染まる海を眺めて贅を尽くした料理に舌鼓。ふたりの記念日にふさわしい晩餐に酔いしれたい。 志摩観光ホテル ザ クラシック

TEL/0599-43-1211

住所/三重県志摩市阿児町神明731

料金/1泊2食3万2300円~(紹介の料理は「餐プラン」4万4600円~)

アクセス/電車:近鉄志摩線賢島駅より徒歩5分(送迎シャトルバスあり) 車:伊勢道伊勢西ICより40分

「志摩観光ホテル ザ クラシック」の詳細はこちら

ぎおん畑中【京都府京都市】

閑寂の隠れ家で酔いしれる、粋を極めた華麗な京料理。

ぎおん畑中季節の八寸/献立のはじまりに登場するのは、あしらいにもひと工夫を凝らした見目麗しき八寸。車海老露焼、鯖小袖寿司、鴨ロース三味焼、唐墨の粕漬など季節感あふれる料理が並ぶぎおん畑中温物の一例、甘鯛と蓮根の蒸し物。たっぷりと餡がかけられた上品な味わいぎおん畑中台物の一例、ローストビーフ熟成醤油。特製の玉葱橙酢でさっぱりとぎおん畑中御向は旬の魚介を盛り込みにぎおん畑中矢野由彦料理長。京料理一筋で早30年、伝統にオリジナリティを加え新感覚の京料理を目指すぎおん畑中次の間がついた本館和室。客室は離れも含めて全21室ぎおん畑中京料理と舞妓の夕べは金曜日18時~定期開催。海外ゲストからも好評(別途有料、詳細は要問合せ)ぎおん畑中中庭を眺める落ち着いた雰囲気のロビー。到着後は抹茶のもてなしでほっと一息ぎおん畑中玄関へ続く石畳。門をくぐった瞬間から和の心地よい静けさに包まれる

秋の献立(一例)

[八寸]車海老露焼、冷燻青巻、鯖小袖寿司ほか

[御椀]薄葛仕立て 毛蟹真丈

[御向]天然鯛、本鮪、車海老、烏賊

[温物]甘鯛蓮根蒸し

[台物]京都肉熟成醤油焼 焼き野菜添え

室町時代中期・東山文化に見られた、「市中の山居」。文字どおり、都にいながらにして山中の閑寂の境地を味わい、その対比を愉しむという粋な美学である。こうした古より綿々と連なる趣を今なお継承するのが料亭旅館「ぎおん畑中」だ。表に八坂神社、裏には高台寺を控える華やかな祇園の奥路地に佇む隠れ家。喧騒を背に門より続く石畳を歩けば山居のごとし閑寂な時が流れる。

風格に満ちた空間でいただく夕食はもちろん京懐石だ。厨房を仕切るのは矢野由彦料理長。京料理の伝統と技を継承しつつ独自の視点でアレンジ。器や盛り付けにも気を配り、目に美しく舌が喜ぶ品々が次々と繰り出される。食材は近海で獲れた魚介や季節の京野菜など旬の地場食材を中心に最上のものを。晩夏~秋は鱧や松茸、冬になると松葉蟹が食膳を賑わす。

そしてもうひとつ、ぜひとも体験したいのが館内で定期的に開催される「京料理と舞妓の夕べ」。繊細な京料理に舌鼓をうち、舞妓芸妓の優雅な京舞を愛でる。京言葉と花街風情に彩られた、お座敷遊びに興じる一夜もまた格別だ。 ぎおん畑中

TEL/075-541-5315

住所/京都府京都市東山区祇園南側505

料金/1泊2食3万3480円~

アクセス/電車:京阪四条駅または阪急河原町駅より徒歩10分 車:名神京都東ICより20分(駐車場利用の場合は1日3000円)

「ぎおん畑中」の詳細はこちら

小天狗さんろじ【山口県下関市】

本場下関で味わい尽くす、珠玉のとらふくフルコース。

小天狗さんろじふく刺し/シャキシャキの極細葱をふくの身で巻くのは下関発祥とされる食し方。紅葉おろしとポン酢でいただけば上品な旨みに箸が止まらない。二人前にして、このボリューム感小天狗さんろじ皮の弾力ある歯ごたえが癖になる湯引き。ゼラチン質たっぷりの珍味小天狗さんろじぶつ切りにしたふくの身を豪快に入れた「ふくちり」。骨から染みだす出汁がより深い旨みを生む小天狗さんろじ薄い衣でカリッと仕上げた唐揚げ。柔らかいふくの身が絶妙小天狗さんろじ前菜盛り合わせの一例、目と舌で季節を実感できる小天狗さんろじ個室食事処「十草木」。全室箱庭をあしらった癒やしの空間小天狗さんろじ個室食事処へと続く廊下。プライベートを重視した造りに小天狗さんろじメゾネットタイプの客室「弐之庄」。全8室すべて露天風呂付きの離れ小天狗さんろじ「弐之庄」の露天風呂。湯船にはかけ流しの湯が贅沢になみなみと注がれる小天狗さんろじ「弐之庄」メゾネット2階部分の寝室小天狗さんろじ小さな小路を入ると生い茂る樹々と石畳が宿の玄関へと続く

秋の献立(一例)

[先付]白子豆腐

[前菜]秋刀魚照り焼き、揚げ栗、豚角チーズ焼きほか

[刺身]ふく刺し

[鍋物]ふくちり

[揚げ物]ふく唐揚げ

[食事]ふく雑炊

[水菓子]季節のフルーツなど

※仕入れ状況により内容は異なる

下関の奥座敷として栄えてきた川棚温泉。800年以上の歴史を誇る名湯が湧き、小道には純和風の小さな温泉旅館が軒を連ねる。時が止まったかのような懐かしい田舎風情に包まれた地に建つのが、全室露天風呂付き離れの宿「小天狗さんろじ」だ。奥まった山の路地に独立して佇む離れは大人の隠れ家にふさわしい。

夕食は四季折々の郷土食材を使った会席料理。秋の訪れとともに地元下関の誇る逸品、とらふぐが料理の主役となる。ふくのひれ酒から始まる至福のフルコースは全10品。薄切りにした身が花開いたように敷き詰められた芸術的な美しさのふく刺し。サクサクの衣と肉厚ジューシーな旨みがたまらない、から揚げ。土鍋で炊いた熱々のちりを頬張り、〆はふく出汁たっぷりの雑炊…と最高級といわれるとらふぐの魅力を余すことなく堪能できる。コースが解禁となる秋、この味を求め遠来から訪れる常連客が多いのも納得だ。贅を尽くした食事の後は客室の露天風呂で温泉三昧。源泉100%かけ流しの湯が満ちる湯船で美食の余韻にひたる時間も最高だ。 小天狗さんろじ

TEL/083-772-0227

住所/山口県下関市豊浦町川棚5153

料金/1泊2食2万4000円~(紹介の料理はふくフルコースプラン2万9000円~)

アクセス/電車:JR川棚温泉駅よりサンデン交通バス北浦線で5分、川棚温泉より徒歩5分 車:中国道下関ICより35分

「小天狗さんろじ」の詳細はこちら

水野旅館【佐賀県唐津市】

主役は玄界灘が育んだ天然モノ。魚介づくしの会席に舌鼓。

水野旅館イカの活き造り。ヤリイカやアオリイカなど季節ごとに種類を変え通年味わえる水野旅館秋に旬を迎える鰆を幽庵焼きに水野旅館玄界灘の冬の名物、アラの煮物水野旅館出汁が美味しいと評判の松茸の土瓶蒸し水野旅館唐津城から徒歩5分、石垣の道沿いに建つ料理旅館。慶長時代の面影を残す門構えは見応えあり水野旅館客室は全8室で純和風の落ち着いた空間。全室から白砂青松の穏やかな唐津湾を望む水野旅館新館2階「西の間」客室からの眺め。刻々と変化する海は見飽きることがない

唐津城から続く、昔の町並みを彷彿とさせる石垣通り。その一角に時代を巻き戻したかのような壮麗な武家屋敷門が佇む。門は唐津藩初代藩主・寺沢公が400年前に築いた当時の面影を残す貴重なもの。実はここが今宵の宿、水野旅館の入り口だ。見事な景観に目を奪われ、館内へ入ると生簀が。遠路はるばる訪れるゲストのお目当てはこの玄界灘で獲れる天然魚介にある。秋はカマス、冬にかけてはアラ、ふぐ、寒平目…と質の高い天然モノが年中手に入る。食材のよさを生かすため食べ方はシンプルに。活き造り、焼き物、煮付け…と姿を変え珠玉の一皿一皿が繰り出される。唐津焼や有田焼の器との調和も見事だ。

宿からは唐津湾を一望。島々が点在する海の雄大な絶景も美味なる料理に華を添える。 水野旅館

TEL/0955-72-6201

住所/佐賀県唐津市東城内4-50

料金/1泊2食2万1600円~

アクセス/電車:JR唐津駅よりタクシーで4分 車:長崎道多久ICより40分

「水野旅館」の詳細はこちら

◆記載の宿泊料金は平日大人2名1室利用時の1名料金で、税金(消費税、温泉の場合は入湯税)とサービス料を含みます。

◆料理は取材時のものです。季節や天候によって変更になる場合があります。

※この記事は2017年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

紅葉グラデーションに感動!ダイナミックな絶景紅葉スポット2017【東北】
肉もスイーツも食べられる♪有馬温泉のおすすめグルメ14選【兵庫】
いもほり×花畑絶景!秋に行きたい桑名ドライブコース【三重】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。