ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ポルカドットスティングレイ・雫が衝撃を受けたゲーム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ポルカドットスティングレイ・雫が衝撃を受けたゲーム
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」。10月から火曜日の「SPARK」は、ポルカドットスティングレイでギター・ヴォーカルを務める雫のナビゲートでお送りします。初回となった10月3日のオンエアでは、自身のバンドの紹介や、愛猫ビビの話をしました。

ポルカドットスティングレイは、2015年に活動を開始した4人組のバンドで、来る11月8日(水)にメジャーデビューします。福岡に住んでいるので、福岡と東京を行ったり来たりの日々です。雫はラジオのナビゲーターを務めるのは初めてだそうで、「ドキドキする」と心境を語っていました。

また彼女はゲームとゲーム音楽も大好きで、ゲームの開発ディレクターも務めています。そこで、ゲームの魅力を広めるための「SPARK ゲーム研究所」というコーナーが始まりました! 夢は「SPARK」でゲームアプリを開発することだそう。初回は雫がゲーム好きになったルーツである「moon」を紹介しました。1997年にLOVEdeLICから発売されたゲームで、かなり癖の強いゲームだったそうです。

「私はゲームの企画書も書くんですけど、『moon』にかなり影響されています。RPGなんですけど、RPGといえば勇者がモンスターを倒して、経験値を得て冒険を進めるものですが、『moon』はモンスターを倒さないんです。勇者もいるんですが、この勇者が倒していったモンスターを助けて、“ラブ”という経験値を貯めていくんです」と、少し変わったシステムであることを紹介しました。しかも、LOVEdeLICが作るゲームは、人々を助けてレベルを上げていくようなゲームばかりだったそうです。雫は小学生の頃に『moon』をやったそうですが、高校生になって改めてやった時に、当時のゲームを風刺しているシナリオだと分かって衝撃を受けたとか。

さらに、「子どもにも分かりやすくて、大人も共感できる内容なんですけど、これは曲作りにも言えることで、子どもでも分かりやすいメロディで、なおかつ細部にもこだわっていて、“通”も唸らせることができる音楽を作ることを念頭に置いてます」と語りました。「SPARK ゲーム研究所」では初心者もハマれるゲームも紹介していくそうで、今後が楽しみですね!

さらに、雫の愛猫のビビの近況を紹介する(笑)「今週のビビ」というコーナーも始まりました! 雫はビビが大好きで、ツイッターでビビのことばかりをつぶやいているため「猫bot」と呼ばれるほどだとか(笑)。元々、大学生だった頃に知人から生まれたばかりの猫を譲り受けたそうです。お金がなくて、自分のことも養えてないのに飼えないと思いながら見に行ったら、当時手のひらサイズだった子猫がよちよち歩いて自分の膝の上に乗って寝たことで「私は飯が食えなくていいから、連れて帰る!」と飼うことにしたそうです。

番組の公式サイトでは、そんなビビの写真が公開されますので、ぜひ、ご覧ください。今回は、ビビが大好きな箱に入って幸せそうにしている写真がアップされています(笑)。さらに「SPARK BOX」のコーナーでは、ビビをモチーフにしたイラストを募集していますので、参加してみてくださいね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。