ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

すべてが規格外の未成年ラッパー“ちゃんみな” 衝撃の新曲ミュージックビデオ公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
すべてが規格外の未成年ラッパー“ちゃんみな” 衝撃の新曲ミュージックビデオ公開

 未成年ラッパー“ちゃんみな”が、11月15日にリリースするミニアルバム『CHOCOLATE』より、「MY NAME」のミュージックビデオと「FRIEND ZONE」のリリックビデオを同時公開した。

ちゃんみな 衝撃のMV画像など

 10月4日から先行配信がスタートした新曲「MY NAME」は、“周囲の雑音に惑わされず、自分を貫く気概を持ち続け、自分の名前(MY NAME)を世に轟かせる”という決意が込められたメッセージソング。ミュージックビデオでは、世界的オーディオブランド「Beats by Dr. Dre」からオフィシャルにサポートを受け、アイコニックな「Beats by Dr. Dre」のヘッドフォンを着用。英語詞を多用した楽曲に加え、さらに日本的なアングラ/サブカルの世界観を自身なりに表現するなど、海外進出も視野に入れた作品になっている。監督は、前作「LADY」でもタッグを組んだ今井“LuCY”淳也が担当。「光と闇」をテーマに、和のテイストを取り入れた衣装に身を包んだちゃんみなが18歳とは思えないほど妖艶に、かつ力強く歌い上げる姿が描かれており、可憐にダンスする彼女の動きや表情、エキゾチックでダークな映像美は、大きな話題を呼びそうだ。なお、このMVのフルバージョンは10月20日よりApple Musicで配信開始予定、11月月発売のアルバム初回限定盤(CD+DVD)に付属するDVDにも収録される。

 また、同時公開されたミニアルバム『CHOCOLATE』の収録曲である「FRIEND ZONE」のリリックビデオには、アメリカ・ロサンゼルスでのアルバム制作ドキュメンタリー映像やオフショットが収められており、“素のちゃんみな”の姿を見ることができるので、そちらも併せてチェックしておこう。

 さらに、本楽曲のリリースを記念して、LINE MUSICでは、呼出音や着信音、BGMに設定できる「LINE着うた(R)」用に「LADY」とLINEの着信音をリミックスしたオリジナルREMIX音源を、10月4日より配信スタート。また、9月28日に開設されたばかりにもかかわらず早くも6000人以上もの友達が登録されたちゃんみなLINE公式アカウント(chanmina)では、新曲、ライブ、メディア出演などの新情報がいち早く発信されるほか、10月10日までに友だち登録すると、抽選で5名様に「“ちゃんみな×ハローキティ”サイン入りクリアファイル」が当たるキャンペーンもスタートする。

 ミニアルバムの全貌を控え、すべてが規格外のアーティストとして勢力的な活動をみせる“ちゃんみな”。さらなる続報にも注目が集まる。

◎ちゃんみな(CHANMINA) 公開動画
・MY NAME (Official Music Video) [YouTube Ver.]
https://youtu.be/9lL0PCJO9BY

・FRIEND ZONE (Lyric Video)
https://youtu.be/E0rTaAvhjpk

◎リリース情報
配信シングル『MY NAME』
2017年10月4日 配信スタート
https://jvcmusic.lnk.to/chanmina_myname

ミニアルバム『CHOCOLATE』
2017/11/15 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)> VIZL-1254 2,700円(tax out.)
<通常盤(CD)> VICL-64862 2,000円(tax out.)

CD収録曲:
01. GREEN LIGHT
02. MY NAME
03. WHO ARE YOU
04. CHOCOLATE
05. LIGHT IT UP
06. TO HATERS
07. LAST NIGHT
08. FRIEND ZONE

◎LINE MUSIC限定オリジナルREMIX音源
「LADY(LINE REMIX Short Ver.)」
2017年10月4日 配信スタート
http://bit.ly/2klVvU5

関連記事リンク(外部サイト)

Block B日本限定コラボ企画作品より「WINNER feat. ちゃんみな」MV公開
ちゃんみな NEWミニアルバム『CHOCOLATE』11月リリース
ちゃんみな 初ワンマンで花魁姿&羽の着いた扇子を揺らし歌唱! 真剣な恋愛相談まで実施

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。