ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マイケル・ジャクソン『スリラー3D』、【第30回東京国際映画祭】でのジャパン・プレミアが決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マイケル・ジャクソン『スリラー3D』、【第30回東京国際映画祭】でのジャパン・プレミアが決定

 マイケル・ジャクソン最新アルバム『スクリーム』の発売を記念し、ミュージック/ダンス・シーンのみならず、エンターテイメント史に革命を起こした伝説的なショート・フィルム『スリラー』が最新技術で3D化された。2017年9月4日に【第74回ヴェネツィア国際映画祭】にてワールド・プレミアが行われた今作『スリラー3D』が、【第30回東京国際映画祭】にて<ハロウィン特別招待作品>として、ハロウィン直前の週末となる10月28日にジャパン・プレミアが行われることが決定した。本プレミアは【東京国際映画祭】にて同日行われる<ミッドナイト・フィルム・フェス!>のプレ・イベントとして開催される。

 ミュージック・ビデオの枠を遙かに超える興奮を生み出し、35周年を迎えた今でも誰もが共通体験として記憶している『スリラー』の3D版制作にあたっては、オリジナル版と同じくジョン・ランディスが再び監督を務め、マイケルのアーカイヴに保存されていたオリジナルの35mmフィルムのネガをもとに壮大なプロセスと最新の技術を駆使して3D化が行われた。さらに、ロッド・テンパートンによる楽曲、エルマー・バーンスタインのスコア(劇伴)、サウンドエフェクトなど、すべてのオーディオがドルビーアトモス対応にアップデートされ、生まれ変わった映像に迫力を添えている。

 ジョン・ランディス監督は『スリラー3D』について、以下のように語っている。「あの『スリラー』を、復元どころかさらに素晴らしい形に生まれ変わらせることができるなんて、本当に嬉しいよ!素晴らしい技術の進歩を存分に活かして、ビジュアルだけじゃなく、オーディオも3D化し、まったく新しいレベルに引き上げることができた。『スリラー』はとてもトラッドな撮り方をした映像だと思うんだけど、3Dを使ってクリエイティブな爆発を起こすことができたよ。予め警告しておくけど、かなり衝撃的な驚きがあるよ!」

 ジャパン・プレミアにおいては、ハロウィン特別企画として『スリラー3D』にあわせて、マイケルとモダン・ホラーの巨匠スティーヴン・キング原案、SFX界のレジェンド、故スタン・ウィンストン監督によるもうひとつの伝説的な長編ショート・フィルム『ゴースト』の同時上映も決定している。

◎イベント情報
マイケル・ジャクソン最新アルバム『スクリーム』リリース記念
<ハロウィン限定プレミアム上映>『スリラー3D』ジャパン・プレミア
(同時上映 『マイケル・ジャクソン ゴースト』)
参加応募:http://smarturl.it/MJThriller3DJapan

◎リリース情報
『スクリーム』
マイケル・ジャクソン
2017/10/4 RELEASE
CD(国内盤):2,400円(plus tax)
12面ポスター仕様ブックレット(ARコンテンツ付)、歌詞・対訳付、解説:湯川れい子/西寺郷太(NONA REEVES)
ハイレゾ配信(24bit/96kHz):2,600円

アナログ盤(輸入盤):
2017/10/27 RELEASE
2017年10月27日(光るアナログ盤2枚組)
※輸入盤 オープンプライス
封入ポスター(ARコンテンツ付)

関連記事リンク(外部サイト)

マイケル・ジャクソンの「スリラー」高画質3D版&舞台裏ドキュメンタリー、遂に【ベネチア国際映画祭】で上映
マイケル・ジャクソンの「スリラー」、3D版が【ベネチア国際映画祭】で初お披露目
クインシー・ジョーンズ、故マイケル作品に関連する約10.4億円に及ぶ未払い印税を勝ち取る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。