ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】DAOKO×米津玄師、8週連続アニメ・チャート1位で「前前前世」連続首位記録に並ぶ(※10/4訂正)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】DAOKO×米津玄師、8週連続アニメ・チャート1位で「前前前世」連続首位記録に並ぶ(※10/4訂正)

 今週の“JAPAN Hot Animation”では、DAOKO×米津玄師の「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌)が初登場から8週連続となる首位を獲得した。

 「打上花火」は、ダウンロード、ルックアップ、動画の再生回数、ストリーミングの4指標で堅固な数字を獲得し首位、またラジオで3位、セールスで4位とこちらも上位を保っている。また同曲がアニメ・チャート8週連続首位に立ったことで、2016年に大ヒットを記録したRADWIMPS「前前前世」(映画「君の名は。」主題歌)の同チャート連続首位記録に並んだ。次週以降、記録が更新されるかに注目したいところだ。

 3位にはLiSAの「ASH」(テレビアニメ『Fate/Apocrypha』OP)がCDリリースに先駆けたダウンロードで2位、Twitterで1位を獲得し総合でTOP3にチャート・イン。また、読売テレビ・日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』のオープニング・テーマに起用中の大黒摩季「Lie,Lie,Lie,」が初登場8位。ダウンロードは16位と伸び悩んだものの、ラジオで1位、セールスで2位、ルックアップで8位、Twitterで9位と好調にTOP10入りを果たしている。

 そして、今週のアニメ・チャート18位には、1999年に発表された坂本真綾の「プラチナ」がチャート・イン。この曲は、テレビアニメ『カードキャプターさくら さくらカード編』のオープニング曲で、今回2018年1月にスタートする『カードキャプターさくら クリアカード編』のオープニング曲を坂本が約20年ぶりに担当することが決定し、「プラチナ」が再び注目を集め影響もあってかTwitterの指標で2位を獲得した。なお、『カードキャプターさくら クリアカード編』で坂本が担当するオープニングテーマのタイトルは「CLEAR」で、いきものがかりの水野良樹が曲を書き下ろしている。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「打上花火」DAOKO×米津玄師
2位「ピースサイン」米津玄師
3位「ASH」LiSA
4位「RAIN」SEKAI NO OWARI
5位「空に歌えば」amazarashi
6位「前前前世」RADWIMPS
7位「Glory Days」尾崎裕哉
8位「Time Lapse」Poppin’Party
9位「Lie,Lie,Lie,」大黒摩季
10位「ひまわりの約束」秦 基博

※記事初出時、ランキング順位と本文の内容に誤りがございました。
訂正してお詫びいたします。

関連記事リンク(外部サイト)

10月9日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】「打上花火」アニメ・チャート7週連続首位、『ウルトラFES』で話題だった楽曲は?
DAOKO、新SGの収録内容&新ビジュアル解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。