ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

元ミライスカート・林奈緒美、主演映画で活動再開「私は私の道を、しっかりと進んでいきます」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
元ミライスカート・林奈緒美、主演映画で活動再開「私は私の道を、しっかりと進んでいきます」

京都を拠点に活動するアイドル・グループ、ミライスカートを2016年末に卒業した林奈緒美が主演映画「クレイジーアイランド 奈緒美の愛と青春と狂気の爆走ロード」で活動を再開する。

同作は2018年内の劇場公開を目指し、同年初頭に撮影に入る。

2014年から2016年までミライスカー トに所属していた林奈緒美。「自分自身が納得できる道を歩んでいきたい」と2016年12月をもってグループを卒業し、その後は芸能活動を休止していた。しかし2017年8月、以前から挑戦したかった役者の道へ進むことを決意。主演映画の企画がスタートした。

活動再開に林奈緒美はコメントを発表。「やっぱり私はエンターテインメントで楽しむのが大好きで、自分もその世界で表現することで人を楽しませられる人になりたい」「私は私の道を、しっかりと進んでいきます」と決意を述べている。

映画は辻凪子と阪元裕吾が共同監督を務め、プロデューサーは近日公開の映画「くぴぽ SOS!」の田辺ユウキ、アイドル・ユニット「MAONATSU」も手がける栗原ゆうが担当する。

これにともない、林奈緒美と映画の公式Twitterが本日10月4日よりスタート。林奈緒美の誕生日でもある10月27日よりCAMPFIREにてクラウドファンディングを開始する。詳細は、映画の公式サイトなどで発表される。(前田)

「クレイジーアイランド 奈緒美の愛と青春と狂気の爆走ロード」
出演:林奈緒美
監督・脚本:辻凪子、阪元裕吾
プロデューサー:田辺ユウキ、栗原ゆう
配給・宣伝:GARBLE FILM
公式サイト:https://www.hayashi-naomi.com/
映画公式Twitter:@hayashi_eiga

一人の女の子が、異なる環境へ自ら飛び込んでいき、様々な人に出会い、成長するコメディー映画。
とんでもない田舎から、都会へと逃げ出した奈緒美。彼女は、自分を追いかけてくる親、地元の人々から 必死で逃げ回りながら、様々な出会いを経て、新たな価値観を見つけ出していく。奈緒美は何のために 田舎から出て行ったのか。そして最後に、どんな「発見」をするのか。

■林奈緒美(はやし なおみ)
1997年10月27日生まれ、京都 府出身。2014年春にオーディショ ンで、ミライスカートの一員となる。 2015年7月にシングル曲 『COSMOsSPLASH』でメジャーデ ビュー。TOKYO IDOL FESTIVAL への出演や、心斎橋BIGCATでの ワンマンライブの成功など、着実に ステップアップしていく。2016年 12月26日の公演をもって同グループを卒業。

■林奈緒美 コメント
16歳から19歳まで、私はミライスカートというアイドルグループの一員として活動しました。その約2年半はかなり刺激的で楽しくて、私にたくさんの人との出会いや経験を与えてくれました。

大切な仲間を持ち活動してきたことは私にとって決して忘れがたいことです。今はそれぞれが違う目標を持ちそれ ぞれに生きていますが、離れた場所にいても幸福を祈っていますし、やっぱり3人は私の中で特別な存在です。私にとってミライスカートは、どうしたって大切なものであったしこれからもそうありつづけます。ミライスカートを誇りに思いますし、この道を選んだことを後悔したことはありません。大切な時間を、感情を与えてくれて、本当に感謝しています。

私はエンターテインメントがとても好きで、それに関わる人が好きで、私自身も人を楽しませる人になりたいと思って人前に立って表現することを目指し始めました。その理由を情けないことに見失い、人前に立つことをやめてからの半年ほどの間、今まで生きてきて自分が触れてこなかった色々なエンターテインメントにも触れてみて実感したのは「やっぱり私はエンターテインメントで楽しむのが大好きで、自分もその世界で表現することで人を楽しませられる人になりたい」ということでした。

自分自身のこれからのことをたくさん考え、自分と向き合い続けたこの時間たちのおかげで、私はもう、「人を楽しませたい」というこの思いを、理由を、原動力を失くしてしまうことはないと思います。

これから、悩むことも苦しむことも悲しむこともネガティヴな要素は全部かみ砕いて、ポジティブに変えて楽しさに変えて人へ届けていきたい。私は私の道を、しっかりと進んでいきます。

2017年10月4日 林奈緒美

元ミライスカート・林奈緒美、主演映画で活動再開「私は私の道を、しっかりと進んでいきます」
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。