ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自分だけのIQOSを作れる「IQOSphere 渋谷」がリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
自分だけのIQOSを作れる「IQOSphere 渋谷」がリニューアル

フィリップ モリスが展開する加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」。全国での販売台数は200万台を突破し、加熱式たばこのトップブランドとなっています。8月から渋谷で期間限定オープンしているIQOSユーザーのスペシャルストア「IQOSphere(アイコスフィア)渋谷」(東京都渋谷区道玄坂2丁目25-8)が、9月28日にリニューアルオープンしました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

「IQOSphere渋谷」では、通常のIQOSストアとは異なり、IQOSを自分だけのものにカスタマイズして楽しめるサービスの提供や、IQOSケースなどの個性を発揮できるアクセサリー商品の販売に特化しています。「IQOSphere」でも一部ができましたが、ここでは実店舗で行うことができるのが特徴。

カスタムIQOSケース(税込2980円)の作り方は簡単な3ステップ。まず本体の色を選び、ベースとなるパターンを選択。そして「スタンプ」と呼ばれる装飾用のアイテムを自由に配置していきます。スタンプは大きさも自在に変化させることが可能。




この他にも、アーティストがデザインしたIQOSケースも購入することができます。


壁面には様々なデザインのIQOSケースがずらりと並んでいます。

今回のリニューアルでは、なかなか自分でうまくデザインするのは難しい……といった人でも安心な「IQOScan」というものが登場しました。全身をスキャンし、簡単な質問に答えていくと、AIによるプロファイリングで最適なデザインを作成し、提案してくれるというシステムです。その日の気分によって結果が変わるので、どんなものが提案されるか楽しみな側面も。


これらのシステムを使ってデザインしたIQOSケースは、その場でプリントして持ち帰ることができます。混雑の具合にもよりますが、待ち時間はおよそ60分ほど。


試しに筆者が「IQOScan」で作成したデザインのIQOSケースができあがりました。印刷面がパール地になっているので、光沢感がとてもきれいですね。

この他にも本革製のケースや、バリエーション豊かなキャップなど、IQOSを彩ってくれる多彩なアクセサリーも購入できます。
IQOSphere渋谷は、東急本店の向かい側、ドン・キホーテ渋谷旧館の1階にあります。期間限定なので、体験するならお早めに。(乳幼児を含む20歳未満の入店はできません)

(取材・咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

これは第三種接近遭遇!? 湖池屋「ムー超」と「月刊ムー」が奇跡のコラボ
アイス界のダイヤモンド『あずきバー』ついに日本刀になる!
気分は午後1時半!? ドラマ化された「きのこたけのこ戦争」が完全に昼ドラ

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。