ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

毛布は着る時代へ!旅先でも普段の生活でも羽のような軽さ「MOFU(モフ)」シリーズ登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
毛布は着る時代へ!旅先でも普段の生活でも羽のような軽さ「MOFU(モフ)」シリーズ登場

夏も終わり少しずつではありますが、肌寒い季節になってきましたね。ところで、皆さんは冬に国内・国外での旅行時にアウターやコートを着用していて、ウール素材は暖かいけど重いし、肩がこるし疲れるなと感じたことはありませんか?

そんなウール素材に対しての悩みやストレスを全て解消してくる商品がALL YOURS開発の「MOFU PARKA(モフパーカー)」と「MOFU CARDIGAN(モフカーディガン)」。そして「MOFU DUFFLE COAT(モフダッフルコート)」です。

機能性もデザイン性も両方兼ね備えた、必ず1着は持っておきたいアウターです!

 

毛布生産量日本一のまち「大阪府大津市」にて生地を生産

今回この生地を作るにあたって、創業120年の歴史を持つ、藤井若宮整絨株式会社大阪府大津市は毛布生産量日本一のまちです。ベテランの技術者が、生地の膨らみ具合などを自らの手でチェックしながら丁寧に確認作業をしております。

このような大ベテランの方々の元、今回のプロジェクトが生まれました。このベースとなる生地はスウェットなどの生地製造で有名な和歌山県で作られ、大阪府大津市で毛布の仕上げ工程を通すことでその滑らかな触感を生み出しています。

またスウェット生地をベースに作られている為、通常の毛布よりも軽くてふっくらしています。表側が綿・裏側がウールで出来ていて、ウール側を極限まで起毛しています。混率は綿60%、ウール40%で、化学繊維は一切使用しておりません。

 

旅先で役立つ、機能的なデザイン

こちらの「MOFU(モフ)」シリーズのアウターは全部で3種類あります。カラーはどちらも2色展開となっており、ネイビーとモスグリーンです。

一つ目は、「MOFU PARKA(モフパーカー)」。二つ目は、「MOFU CARDIGAN(モフカーディガン)」。そして三つ目が「MOFU DUFFLE COAT(モフダッフルコート)」です。モフパーカーとモフカーディガンは新色のグレーも追加されました!

 

MOFU PARKA(モフパーカー・ネイビー)

MOFU PARKA(モフパーカー・グレー)

モフパーカーグレー

 

MOFU CARDIGAN(モフカーディガン・モスグリーン)

MOFU CARDIGAN(モフカーディガン・グレー)

MOFU CARDIGAN(モフカーディガン・グレー)

 

MOFU DUFFLE COAT(モフダッフルコート)

「MOFU PARKA(モフパーカー)」や「MOFU CARDIGAN(モフカーディガン)」は旅先で肌寒いと感じた時に、Tシャツの上に羽織ってもいいですし、ダウンジャケットのインナーとしても着ることが可能です。

そして、「MOFU DUFFLE COAT(モフダッフルコート)」は従来のダッフルコートと比較すると、軽くて柔らかく、動きやすいダッフルコートとなっております。

その為、大きなリュックを背負いながらの移動も今までの重いアウターとは違って、ストレスなく、軽々と移動できます。

 

どのタイプのアウターも、ポケットが付いている為、小銭や小さめのカメラなど細かいものを収納してくれます。旅先では、手軽に収納できるようなアウターを一枚持っているととても役立ちます。このように旅人たちにも優しい工夫を考えてくださっています。

関連記事リンク(外部サイト)

北欧の夏って寒いの?暑いの?服装に困っている人がチェックするべき4つのアドバイス
旅の定番「Tシャツ×デニム」で差をつけるおしゃれコーディネート術
キャンピングカーで旅する7日間が当たる!仲間たちと一生に一度の最高の思い出を作ろう
1分後にフォローするでしょう。オシャレインスタグラマー達が悩める女子の旅先コーディネートをアドバイス♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。