ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

女性はほぼ無料で活動できる!マッチングサービスで婚活をしよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
女性はほぼ無料で活動できる!マッチングサービスで婚活をしよう

男女が恋人や結婚相手を求めて活動する、婚活のためのサイトがマッチングサービスです。

女性はほぼ無料で利用できるという点は、サービスの大きな特徴としてあげられます。

今回は、無料で利用できる女性側からサービスを選ぶ際のポイントや、実際に素敵な人に出会うためにするべきことについて紹介したいと思います。

これからサービスの利用を考えている人は是非参考にしてみてください。

無料で婚活!マッチングサービスのいいところ

全てのマッチングサービスではないものの、女性ならほぼ無料で利用できるというマッチングサービスは多くあります。

「ほぼ」というのは、登録時の本人確認に100円ほどの手数料がかかる場合もあるためです。しかしこれを除けばすべてタダ。

これから婚活をはじめようという女性にとっては魅力的なのではないでしょうか?

一方で、お金がかからないということに不安を覚える人もいるかもしれません。

しかし、マッチングサービスによっては本人確認書類を提出したうえで登録するサイトもありますし、不穏な行動がないか常に監視するなど管理体制が整えられているところもあります。

利用開始の前に管理体制や提出する本人確認書類などを調べて信頼できるサービスを見極めるようにしましょう。

また、結婚情報誌ゼクシィでおなじみのリクルートマーケティングパートナーズが運営する「ゼクシィ恋結び」のように大手企業が運営するサービスもあります。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171004143721j:plain

無料だからこそきちんとしたマッチングサービスを選ぶ

素敵な出会いをするためにも、どのサービスを選ぶかということは非常に重要です。

選ぶにあたってまず確認して欲しいのが、登録人数と男女比です。人数が少ない、性別に偏りがあるという状況だとマッチングの可能性が低くなります。

サイトによっては、人数や男女比を公開している場合もありますし、問い合わせページもあるので確認することをおすすめします。

また運営歴の長さもポイントの1つです。以前に比べてサービスの数が増えており、選択するのが難しい状況ですが、運営歴の長さは安定したサイト運営ができていることを意味します。

短いからといってすべてがダメというわけではありませんが、信頼できるサイトを見つけるための1つの指標にはなります。

もし、どうしてもどれを選べばいいかわからないという場合は、大手サービスを選ぶというのも1つの方法です。

▼サービス選択のポイント

・人数と男女比

・運営歴

・不安なら大手

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171004143747j:plain

マッチングサービスを無料で活用して良い人に出会おう

無料だからこそ、マッチングサービスにはライバルが多いもの。

ここでは、良い人に出会うためのポイントを紹介します。

マッチングサービスではプロフィールと写真によって相手に与える第一印象が大きく変化します。

そのため、「プロフィール欄の充実」と「写真選択」が非常に重要です。

まず、プロフィール欄はできるだけ空欄をなくし、自由に記述できる部分には自分の仕事や趣味など人となりがわかる情報を盛り込みましょう。

情報がなければ相手は自分がどんな人か判断できないため、マッチングしにくくなります。

また、写真に関しても同様で、自分の特徴や人柄がわかるような写真(趣味の写真や笑っている写真など)を利用するようにしましょう。自撮り写真や加工している写真、自室での写真などは避けたいところです。

▼良い出会いのためのポイント

・プロフィール欄の充実

・写真選択

今回は女性側の視点からマッチングサービスについて紹介して来ました。

無料で利用できるという大きなメリットがありますが、無料という言葉だけで利用するサイトを判断することのないようにしましょう。

プロフィールや写真などはライバルと差をつけられる部分なので、素敵な出会いをするためにもじっくり考えるようにしてください。

関連記事リンク(外部サイト)

婚活サイトで男性から結婚したいと思われる女性の特徴
婚活サイトで結婚相手を見つける!『脱・おひとりさま』しよう♡
婚活サイトは無料で使える?男性と女性では利用料の違いはあるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。