ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スティーヴン・タイラー、「みんなのクリエイティブな憶測にはA+をあげるけど」と病状に関する噂を否定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スティーヴン・タイラー、「みんなのクリエイティブな憶測にはA+をあげるけど」と病状に関する噂を否定

 エアロスミスのスティーヴン・タイラー(69)が2017年9月26日、自身の健康問題のためにバンドの中南米ツアーをキャンセルすると発表したが、病名などに関して様々な憶測が流れていることを受けて10月2日に声明を出した。

 新たな声明で彼は、「このツアーを中断しなければならなかったことに心が引き裂かれる思いだ……バンドはこれまでで一番の演奏をしていた……【ロック・イン・リオ】の10万人を見てみろよ……みんなのクリエイティブな憶測にはA+をあげるけど、俺は心臓まひも発作も起こしてない」と噂を否定し、「米国にいる自分の医師たちにしかできない治療を受けなければならなかったんだ」と、文面にジョークを混ぜながらファンに心配しないよう呼びかけたが、病状に関する詳細は明かさなかった。

 9月の発表では、「心配しないでほしい……命に関わるような状態ではないけれど、直ちに対処する必要があり、将来のパフォーマンスを持続させて維持するためにすぐに休息をとって治療しなければならない」と説明していた。

◎スティーヴン・タイラーによる投稿
https://twitter.com/IamStevenT/status/914239723824205826

関連記事リンク(外部サイト)

エアロスミス、スティーヴン・タイラーの治療のため中南米ツアーをキャンセル
エアロスミス、レコーディングしたばかりの新曲/ラテン・ブーム/近年の音楽業界を語る
エアロスミスのジョー・ペリー、最近のセットリスト/ニューALの可能性/約50年バンド活動を続けてきた意味について語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。