ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う

おにぎりはコンビニの定番フード。人気商品だけに、各コンビニチェーンとも力を入れています。そこで、おにぎりの人気具材「紅しゃけ・ツナマヨ・梅干し」について、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで比較してみました。比べたのは具の割合。コスパに優れたコンビニおにぎりはどれでしょう?

コンビニおにぎりの具の割合を算出

コンビニおにぎりのコスパ比較は「紅しゃけ・ツナマヨ・梅干し」の総重量と具の量を計測。具の割合を算出して、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのどのおにぎりがお得かを調べました。

セブンイレブンのおにぎりは、総重量の平均値が112.2gと、3社の中で最も重量がありました。具の割合の平均も5.6%でトップ。特にツナマヨは具の量が3社中ダントツで、最下位のローソンに3g以上の差がつきました。

ファミリーマートのおにぎりは、総重量の平均値が108.9gで3社中2位。具の割合の平均は5.5%で、こちらも僅差でセブンに次ぐ2位でした。「一粒梅」の具の量が突出して大きい以外は、全体的に平均的な結果です。

コンビニおにぎりを具材別に比較

ローソンのおにぎりは、総重量の平均値が105.8gで、最も重いセブンと比べると6.4gの差があります。具の割合の平均も4.9%と3社中唯一5%を下回りました。一方で、価格は他社と変わらず、コスパは悪いといえるでしょう。

コンビニおにぎりを具材別に比較していくと、紅しゃけは具の割合7.3%となったローソンのおにぎりが1位。セブンイレブンも具の割合7.0%と僅差で迫っています。3位は具の割合5.7%のファミリーマートでした。

ツナマヨは、セブンイレブンが具の割合8.0%で1位。他社より5円高い料金設定です。2位は6.3%のファミリーマート、3位は5.7%のローソンでした。

梅干しはファミリーマートが具の割合4.6%でダントツの1位。2位のセブンイレブンの1.9%、3位のローソンの1.7%を大きく引き離していました。そのぶん、価格も他社より20円ほど高い設定です。

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニWi-Fiに自動接続してくれる神アプリ
コンビニコーヒーは保温性に優れるセブンカフェ
コンビニがさらに便利に使える無料アプリ4選
コンビニ公式アプリを使うとWi-Fi接続が無制限
コンビニおにぎりは毎週火曜日にチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。