体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「けたたましく動くクマ」が大ヒット! 作者・たかださんに聞く“成功する秘訣”

「けたたましく動くクマ」が大ヒット! 作者・たかださんに聞く“成功する秘訣” アイキャッチ_けたたましく動くクマ取材 たかだ LINE スタンプ けたましく動くクマ アニメーション 大学生 イラスト

友達同士や恋人にたくさん送ってしまいたくなる「LINEスタンプ」。さまざまなスタンプがある中でも、「けたたましく動くクマ」のスタンプを愛用している人も多いのではないでしょうか。

アニメーションスタンプのダウンロード数は1位を獲得するほどの人気であるスタンプの作者は現在大学生のたかださん。イラストは未経験の状態から一気にブレイクさせたたかださんに、やりたいことを成功させる秘策や、スタンプづくりの裏側について伺いました。

 

きっかけは「暇すぎて」 未経験から1週間で制作

たかだ LINE スタンプ けたましく動くクマ アニメーション 大学生 イラスト

――最初にLINEスタンプをつくろうと思ったきっかけを教えてください。

大学が夏休み期間であまりにも暇すぎたから、というのが一番大きな理由ですかね(笑)。もともとイラストを描くのは好きだったんです。昔からよく紙に落書きをしているようなタイプでした。

そのころ、LINEのアニメーションスタンプ(動くスタンプ)が個人でもつくれるようになり、なんとなく興味もありました。おまけに、「LINEスタンプは売れれば儲かる」というのを聞いて、これは自分もやってみようと思い立ちました(笑)。

その日の夜に早速ウェブで描けるツールを購入し、1週間後にはLINEスタンプを描き上げましたね。

――そこで誕生したのが「けたたましく動くクマ」のスタンプだったのでしょうか。

いえ、最初に描いたのは別のものでした。その次につくったのが「けたたましく動くクマ」ですね。

音つけてみた pic.twitter.com/CY4He6tMgO

— たかだ@けたたましく動くクマ (@takadabear) January 16, 2017

――あのスタンプはどのようにして生まれたのか教えてください!

個人的に、直球でウケを狙いすぎているスタンプやかわいいものはあまり好きじゃなかったんです。それよりも、ちょっとシュールな方が好きで。そこから、真顔で変な動きをさせてみたらどうかと思い、あの形にまとまりしました。発売して1週間でランキングが1位になったのでものすごくびっくりしました。

――いきなり人気が出るなんてすごいですよね。知り合いやご家族はたかださんがこのスタンプの作者だということを知っているのですか?

つくった段階ですぐに「こんなLINEスタンプを描きました!」といろいろな人に自慢してしまっていたんです(笑)。だから、僕がつくったことは周りにはバレバレというか、売れる前に自分から言ってしまっていたんですよね。

――大ヒットに周囲もかなり驚かれたのでは。

そうですね。この前、オーストラリアに旅行に行った際、飛行機の中でパソコンを開いて「けたたましく動くクマ」の新しいスタンプをつくっていたんです。そうしたら、それを見たキャビンアテンダントの方から「作者の方ですか?」と話しかけていただいたのはびっくりしました。周りだけでなく、こんなにもいろいろな人に広がったのだというのを実感しましたね。

 

ひとりで抱え込まず誰かと一緒に取り組むこともひとつの手

くぇくぇくぇ~♡#けたたましく動くぺんぎん#けたぺん pic.twitter.com/x5Gx3FL3rs

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会