ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ほうじ茶を使った「ラム豚骨らーめん」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

10月2日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、午前05時25分~)では、ほうじ茶商品を特集したコーナーで、「自家製麺 MENSHO TOKYO(ジカセイメンメンショウトウキョウ)」(東京都文京区)を紹介した。

同店は、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」4a口から徒歩1分の場所にあるラーメン店だ。

カウンター越しに「お待たせしました」とお店の方が出したのは、「ラム豚骨らーめん」(750円/税込)。見るからに美味しそうなラーメンだ。ラムと豚骨で出汁をとったスープ、麺の上にはラム肉と大きなチャーシュー、小ネギがたっぷりと載っている。

実は「ラム豚骨らーめん」は、ほうじ茶を使ったラーメンとなっている。ラム独特のにおいを消すために、ほうじ茶の粉末をたっぷりと使用しているのだ。そのため、ほうじ茶がラムの旨味を残しながらも、クセのある「におい」のみを和らげ、後味がスッキリとしたラーメンとなっているのだという。

このメニューを啜った堤礼実さんは、「ん!美味しい!ほうじ茶も主張が激しくないと言いますか、うまくラムの臭みを消しているような。非常に濃厚ですね」とコメント。
「ラム豚骨らーめん」を食べていたお客さんも「クセがあんまりなくて、食べやすいです」と笑顔でコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:MENSHO TOKYO(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:水道橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:水道橋×ラーメン・つけ麺のお店一覧
北海道・函館産のマグロを食べ放題!
生ハム載せ放題のランチパスタ!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。