ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ひき肉料理一品のみで勝負する人気店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

10月2日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、人気店のヒットの法則を調査するコーナーで、「ひき肉少年」(東京都港区)が紹介された。

同店は、東京メトロ南北線「白金高輪駅」4番口から徒歩3分の場所にある。広さ約5坪、カウンター6席のみの、こじんまりとしたお店だ。ひき肉料理だけしかないにも関わらず、同店の料理を求めてたくさんのお客さんが訪れる。
お客さんたちは「100回以上来ている」「ひき肉っていうと、そぼろとか甘辛なイメージだったんですけれど、ここのものは大人の味でクセになる」とコメント。

お客さんたちが絶賛するのが、「ひき肉ライス(スープ付き)」(1,000円)。トマト・クミン・チキンスープで炊いたご飯に、スパイスを効かせた鶏ひき肉のあんをかけた一品だ。

お店の方は「他のお店で、ずっとハンバーグを作っていたので、ひき肉で新しいジャンルの食べ物を作りたいな、と思って。(鶏のひき肉を使用している理由は)誰にでも食べてもらえるように、と思い鶏肉を選びました」とコメント。鶏のひき肉は他の肉と比べ、ジューシーでスパイスとの相性も良いそうだ。

同店で使っている鶏ひき肉は1種類だが、うま味を引き出すために、大・中・小と大きさの異なるひき肉を作っているという。小さいひき肉は、あんとよく絡ませるためのもので、大きいひき肉はジューシーさを楽しんでもらうために。中くらいのひき肉は全体のバランスをとるため、と大・中・小それぞれに役割があるのだそうだ。
メニューは「ひき肉ライス(スープ付き)」のみだが、トッピングが豊富。トマト・ゆで玉子・パクチー・ハラペーニョなど9種類ほどあり、自分好みにカスタマイズすることができる。

「ひき肉ライス(スープ付き)」を食べた大島美幸さんは、「食べやすい!ひき肉がすごくおいしいですね!ゴロゴロした感じがすごく美味しい。色々な調味料やスパイスが入っている感じがします。とろみは麻婆豆腐。後味はカレー」とコメント。
トマト・ゆで玉子・焼きチーズをトッピングした賀来賢人さんは、一口食べると「んー!美味しい!なんかカレーの風味と、麻婆っぽい風味もあります。チーズと玉子が合います」と味を堪能していた。

テイクアウトメニュー、7種類のトッピングが入った「ランチBOX」(1,800円※お茶付き)も人気。1日100個以上売れる日もあるそうだ。常連の方から「会社でも温かいひき肉ライスを食べたい」という要望があり始めたという。テイクアウトをアツアツで食べられるのも魅力だ。現在は10名以上の団体のお客さんのみ注文可能だそうだ。

ひき肉ライスを食べたいけれど、糖質が気になるという方向けに、ご飯をサラダに変更することも可能だという。サラダとひき肉のあんの組み合わせが、女性のお客さんを中心に人気だそうだ。同店は、ランチタイムを避けた15時頃に行くと比較的空いているという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ひき肉少年(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:白金・白金台のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:白金・白金台×その他の料理のお店一覧
北海道・函館産のマグロを食べ放題!
生ハム載せ放題のランチパスタ!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。