ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
ナイアガラと言えばナイアガラの滝。日本からも沢山の旅行客が訪れる、一生一度には訪れたい世界的に有名なカナダの観光地です。

それからもう一つ、ナイアガラが世界的に有名な物があります。それはナイアガラのワイン。
カナダのワインと言えばアイスワインがよく知られていますが、赤、白、ロゼ等の色々のワインが生産されていることをご存知でしょうか。

カナダのワインの生産所はナイアガラ周辺とブリティッシュコロンビア内部のオクナーゲンが有名ですが、ナイアガラ周辺はカナダで一番のワイン生産量を誇る場所です。

ナイアガラの滝に来たときに一日レンタカーを借りるか、ツアーに参加してワインテイスティングをしてはどうでしょう。食事と一緒にワインの組み合わせを楽しんでもよさそうです。

建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
まるでヨーロッパに来たような雰囲気のコロネリワインエステート

建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
ブドウ農園が広々と前にあるコラネリエステートワイナリー

ナイアガラ市から車で約30分かけてナイアガラオンザレーク(Niagara-On-the-Lake)へ行き、ワイナリーで試飲をすれば楽しい一日を過ごせますよ。日本では飲むことができないワインのテイスティングを楽しめます。アルコールに弱い人にはワインツアーがおすすめ。
カナダでは、日本と同様、飲酒運転は大変厳しく罰を問われます。
ワインツアーはホテルのコンシェルジュに頼めば、予約もしてくれます。ホテルまでの送迎付きなので気軽に参加できますね。
また、英語に自身がない方には日本語対応のツアーも。
ワインの種類が豊富な、規模の大きいワイナリーから、数種類のワインに洗練しているワイナリーまで、各種お好みに応じて参加できるのもうれしいですね。
試飲はグラスに2オンス(約50cc)で$3位で出してくれます。$10で4~5回試飲させてもらえるワイナリーも。
ワインを購入すれば、ワイン試飲料を割引してくれるところもあります。もし天気が良ければ、馬車に乗ってブドウ園を回ったりできるワイナリーまであるそう。
ワインテイスティング後、昼食または夕食を取ってソムリエが紹介してくれるワインを、食事とセットで午後または夜を楽しむのも良いでしょう。

建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
カナダでもワイン生産量一、二といわれるペラーエステイト

牛肉、豚肉、魚類等、どのワインが味を高めるか。また、料理方法によって赤ワインでも何種のワインが良く合うのか等、色々と説明してくれます。出された食事に合わせて、ワインの味や香りを高めることを体験できます。

ナイアガラのあるカナダでは、2017年は建国150年を記念する年です。是非カナダに来て一緒にカナダの誕生日を祝いましょう。
各州で毎週色々な祭り事もありますよ。

建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
ナイアガラ周辺のワインツアーのウェブサイト:https://www.winerytoursofniagara.com/properties/winery/property_units/index/
グレープ&ワインツアーのウェブサイト。ホテルまでの送迎付き。事前予約が必要です。最低人数は二人から。
ホテルのコンシェルジュに頼めば予約をしてくれます。
https://grapeandwinetours.com/daily-tours/

以下の二ヶ所のワイナリーは日本語でも問い合わせを受け付けているほか、ツアーもしてくれます。ボスク家族のシャトーデシャームは、ウェブでの日本語による問い合わせも受け付けています。ゆっくりした10人以下のツアーに参加しても良い経験になるでしょう。カップルの場合、午後のツアーでカナダドル75位~参加できるようですよ。
http://www.fromtheboscfamily.com/come-visit-us/public-tours-tastings

スツルーンワイナリーも日本語で案内してくれますが、事前の予約が必要です。
https://www.strewnwinery.com/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。