ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

婚活サイトで結婚相手を見つける!『脱・おひとりさま』しよう♡

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
婚活サイトで結婚相手を見つける!『脱・おひとりさま』しよう♡

最近では生涯未婚率の増加にともない、「おひとりさま」の方も周りに増えてきましたよね。

ただ、年配でご結婚されていない方はやはりどこか寂しそうで、自分も未婚だと「今はいいけど将来は不安だな」と感じることも多いと思います。

やっぱり結婚がしたい!と思っているなら、今からでも行動に移すべき!インターネットで効率よく相手に出会える婚活サイトがおススメです。

婚活サイトって?ネットで知り合って結婚てホント?

婚活サイトで知り合った方と実際に結婚できることはあるのですか?—-あります。

それも、なかなかの割合で結婚に至ることができるとされています。婚活実態調査2017(リクルートブライダル総研調べ)では婚活サイト又はアプリで知り合い、結婚に至る方の割合は2016年で17.2%と驚異の数字になっています。

というのも、婚活サイトでは登録している大勢の中から自分の条件に合う方とマッチングされますし、メッセージをやり取りしていく上で人となりも見えてくるので『会って幻滅!』ということが少ないため、こうした高い確率で結婚に結びつくと考えられるのです。

ゼクシィ縁結びではさらに『お見合いコンシェルジュ』というサービスがあり、連絡先の交換をせずにお会いする日程や場所の調整ができますので、より安心して婚活ができると言えるでしょう。過度に怖がらずに、まずは登録してみることをおすすめします。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171002143432j:plain

婚活サイトで結婚できる人ってどんな人?その特徴は?

婚活サイトで結婚できる人はどんな人なのでしょうか。それは高収入であるとか外見が良いなどということではなく、一言で表現すると『結婚したいと真剣に考えている方』と言えるでしょう。もしかしたら年収や外見の良し悪しで出会いの数自体は減るかもしれません。が、「あまり高望みする方は元々自分に合わない」と割り切れば、おのずとご自身にとっての最良のパートナー以外をふるい落としていけると見ることもできます。

それに、お付き合いではなく生涯をともに過ごすパートナーを決める時に最優先させる項目というのは本当に人それぞれで、またご自身の「本当の基準」を把握していない方も実は多くいらっしゃいます。婚活サイトでは思ってもいないような方との出会いもたくさんあります。そうした幅広いお相手の候補から自分と相性の良い人をきちんと見極めるには、結婚への真摯な態度は必須と言えるでしょう。

婚活サイトで結婚できた人からのアドバイスが欲しい!

婚活サイトで結婚に至ったカップルの多くはまず、『勇気を出して登録して良かった』と言います。何事も一歩を踏み出さないと始まりようがありませんからね。将来への漠然とした不安を抱えながら『おひとりさま』で生きていきたくないのであれば、とりあえずは行動に移しましょう。

そして、実際に婚活サイトで結婚できた友人(女性)にアドバイスを求めたところ2つ返事が返ってきました。

『一度や二度の失敗であきらめない』『時には直感を頼る』でした。

「連絡が急に途絶える、いいなと思っていたのにお断りされる、なんてことは誰しも経験することらしいので、くよくよせずに「ご縁がなかった!」と前向き姿勢を忘れないで欲しい。」

「最初に合ったとき「なんか違うかな」と思った方と無理してデートを重ねても結果はついてこないので、どれだけ条件が良くても潔く次のご縁を待ったほうがいい。」

ということでした。

実際の成功例から学んで、ご自身の婚活に活かすようにしましょう。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171002143516j:plain

婚活サイトで結婚に至る方は本当に近年増えています。

一昔前までは恥ずかしがって出会いのなれそめを教えない方も多かったそうですが、今は堂々と「婚活サイトで出会った伴侶です」と公言する方も多くいらっしゃいます。

多くの人が婚活サイトにポジティブな印象を持つ今こそ、ちょっと勇気を出してまずは登録してみてください。

きっとあなたにも良縁が訪れますよ!

関連記事リンク(外部サイト)

女性はほぼ無料で活動できる!マッチングサービスで婚活をしよう
婚活サイトで男性から結婚したいと思われる女性の特徴
婚活サイトは無料で使える?男性と女性では利用料の違いはあるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。