ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

うっかり食べられちゃう悲劇を回避する『DO NOT EAT』は気配を消して保冷剤に偽装するブラモン・アイス!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

食べようと思って楽しみにとっておいた冷凍庫のアイスを、食べられてしまっていた時の衝撃。肉親同士でも夫婦でも、そこに凶暴な怒りが噴き出すのはよくあること。そんな悲劇を未然に防ぐのが、保冷剤に擬態したアイス『DO NOT EAT』。中身は何と九州地方のソウルアイス「ブラックモンブラン」なのでした。

「食べたでしょ、私のアイス!?」という悲劇を防ぐため、そうは簡単に見つからない3/4偽装を実現した『DO NOT EAT』。ウィークポイントはお店でも見つからないことだけ!?

 

食べようと思っていたアイスがないと、絶望的な気持ちになる。そんな悲劇を生まないためにと竹下製菓株式会社(佐賀県小城市)が生み出したのが、『DO NOT EAT』(109ml・実勢価格 税抜約100円・2017年9月22日限定発売)。よく保冷剤に書いてある”DO NOT EAT(食べられません)”を商品名にしてしまった製品。

確かにこれは見つからない。実物を冷凍庫に入れると、何食わぬ顔で保冷剤フェイス。これを食べようと思うのは、その正体を知る者のみだろう。しかし食べた後のゴミなども見つからないようにしておかないと、次回からはバレバレになるので注意を。ダイエット中を家族に宣言したのにも関わらずアイスを食べようという不届き者の隠密作戦にも有効だ。

裏返すとブラモン。これで本当に保冷剤だったらそれはそれでショックだけどね。

 

中身がまたすごい。これは九州地方の人ならソウルフードならぬソウルアイスとして知られる誕生48周年を迎えたロングセラーアイス「ブラックモンブラン」なのである。とはいえ最近ではドン・キホーテ店舗でも販売されていることも多いので、それ以外の地区の人間でも見たことがあるかもしれない。

ネーミングの元は、当時の会長がモンブランの雪で真っ白な山並みを見て、これにチョコをかけて食べたらうまいだろうな、というところから付けられたのだそうで。ほ、ほう…。

 

ミルキーな白いアイスミルクをザクザクのシリアル食感のチョコレートでコーティングした一品は、まさに王道。これをまずいという人はまず、いないんじゃないだろうか。

とはいえ完全に擬態してしまったら、商品として誰にも気付かれなくなる。そこで1/4だけ、ブラモンのオリジナルパッケージが裏面にプリントされている。ここに気付かないと、誰にとっても保冷剤のまま、一生を終えてしまうというわけだ。

想像よりもさらにザクザク。

 

弱点といえば店頭保冷庫の中でもパッケージ部分が見えるように陳列してもらわないと、保冷剤だと思われてスルーされてしまうこと。あと起こり得る最大の悲劇といえば、本当に保冷剤として実際に外出時などに使われてしまうこと。それ以外は驚きとお楽しみが詰まったエンターテイメント性の高いアイスである。

入手は一部店舗を除くドン・キホーテ各店及び公式ショッピングサイトにて。通販では31本セットを税抜4,700円で販売しているので、夢の大人買いが可能だ。九州出身者ならたまらなく魅力的なのでは?

ちなみにタイアップとして、木村カエラを生んだテレビ神奈川系音楽番組「saku saku」の5代目MC・トミタ栞 が『わたしのアイス食べたでしょう?』をリリースしているのでそちらも気になる人はどうぞ。

関連記事リンク(外部サイト)

究極簡単カップ朝食『グラノラブロック<カップ>』。脱・朝食抜きで午前中から最高のパフォーマンスを!
たけのこでもきのこでもない『きこりの切株 ココナッツミルク味』。アルフォート好き歓喜の古株チョコ菓子!
ザチョコシリーズ最新作はドミニカ大使も太鼓判の『明治ザ・チョコレート 軽やかな熟成感ビビッドミルク』!
大ヒット「燃えよ唐辛子」続篇『大炎上唐辛子』登場! 全国の“激辛大好き戦士”に新たなる挑戦状か
実は貴重! 無香料・無着色のキャンディ『ありのままに』シリーズの3つの素朴な味わいに気分やわらぐ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。