体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無理せず貯金につながる!水道代のお手軽節約テク12選

無理せず貯金につながる!水道代のお手軽節約テク12選

水道代をもう少し安くしたい・・・と悩んでいませんか。トイレやお風呂の使い方次第で節約できるのが水道代です。水道料金のしくみと、誰でもできる水道代節約のテクニックをご紹介していきます。

水道料金について

水道料金がどうやって計算されるのかについて「実はよくわからない」という方も多いと思います。それでは、まず水道料金の計算のしくみについてご説明します。

水道料金の計算のしかた

水道料金は各水道局で異なりますが、基本料金と従量料金、下水道料金の3つから構成されるのが一般的です。ここでは東京都水道局管轄の東京23区を例として取り上げます(2017年8月現在)。

© PIXTA

【基本料金とは】

基本料金は水の使用量に関わらずかかる費用です。この基本料金は水道メータの口径(「呼び径」ともいいます)の大きさ(mm)に応じて決まっています。水道を敷地内に引き込む際の水圧と水の使用量によって大きさが変わり、ふつう家庭用の口径は13mm・20mm・25mmです。例えば、東京23区の場合、口径ごとの基本料金は次のようになっています(いずれも1か月消費税抜きの料金)。

参考:東京都水道局

【従量料金とは】

従量料金は水道の使用量に応じてかかる料金のことです。一般に、従量料金は段階的に水道使用量1㎥あたりの単価が設定されています。例えば、東京23区の場合は以下のとおりです。

【下水道料金とは】

私たちは水道料金を支払うとき、一緒に下水道料金も支払っています。下水道料金は「下水道使用量=水道使用量」とみなされ、水道使用量に応じて従量制で徴収されているのが一般的です。水道局によっては「下水道使用量=水道使用量の90%」というように多少割り引いて計算しているところもあります。

つまり、節水によって水道代を節約できるのは、水道と下水道の従量料金の部分です。例えば、東京23区で1か月に30㎡の水を使っている家庭なら、月に1㎥を節水できると、水道163円+下水道140円=計303円+消費税分の水道代が安くなります。1㎥=1,000リットルなので、1,000リットル÷30日(1ヵ月)=1日あたり約33リットルの節水をすればいいことになります。

水道代を節約するお手軽テクニック12選をご紹介

それでは、実際に水道代節約のために、水がよく使われるお風呂、トイレ、キッチン、洗濯機と、場所別に手軽にできる節水テクニックをご紹介します。

お風呂での節約テクニック3選

© PIXTA

体を洗うお風呂は水をたくさん使うところです。お風呂での節水ポイントは、シャワーと湯船の使い方や、残り湯の活用方法となります。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。