ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

男性が思う「結婚したい女性」の特徴とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
男性が思う「結婚したい女性」の特徴とは?

よく「恋人にしたい女性と結婚したい女性は別!」という声を耳にしますが、具体的に結婚したい女性ってどんな女性のことを指すのか婚活女性にとってはとても気になるところですよね。こちらでは男性が思う結婚したい女性とはどんなタイプなのか、男性が結婚したい女性に対する時の態度など、婚活を進めるうえで注意するべきポイントについて解説していきます。

時代で変わる結婚したい女性の特徴と変わらない特徴

男性が思う「結婚したい女性」の特徴は、時代によって少しずつ変化しています。

昔は結婚したら女性は専業主婦として家に入るのが基本と考えられていたこともあり、慎ましく一歩下がって夫を立てる女性が理想とされていました。しかし、最近では結婚してからも仕事を続ける女性が増えています。そのため、男性側の考え方も変わってきていて、生活面だけでなく経済面も助け合っていく結婚生活にあこがれる男性が多くなっているのです。以前のように一歩下がるのではなく、同じ立場で結婚生活を楽しめる女性が結婚したい女性とされる傾向にあります。

ただ、いつの時代も結婚したい女性として挙げられる特徴もあります。それが家庭的な女性です。中でも「男は胃袋をつかめ!」と昔から言われているくらい、料理ができる女性は男性から結婚したいと思われやすいと言えます。特に家にあるものでささっと料理を作れるような女性は、男性からの見る目も違うでしょう。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171002153220j:plain

結婚したい女性への言動や態度はここをチェック

恋人同士、または二人で出かけるようになった彼があなたを結婚したい女性として見ているかどうか婚活中の女性にとってはとても気になる点ですが、実は普段の何気ない言動や態度に相手の本心が表れています。

もし、普段の会話の中で何気なく家族の話をしてくる、またはあなたの家族について質問してくるのならあなたと結婚したいと思っている可能性は高いです。結婚するからにはそれぞれの家族とも良好な関係を築きたいものです。結婚前にお互いの家族について知っておきたいという心理の表れです。行動についても同様で自分の家族と会わせたがる場合はあなたとの結婚を考えていると予想されます。

また、具体的な将来設計について話してくる場合も結婚を意識している可能性があります。将来どんな家に住みたいか、どんな生活を送りたいかなど、将来について話し合うことがあるならばあなたのことを結婚したい女性として見ていると考えても良いでしょう。

ちょっとした変化であなたも「結婚したい女性」に

今まで挙げてきた結婚したい女性の特徴に当てはまらないという方も諦めてはいけません。

まずは経済面・生活面で自立した女性を目指していきましょう。結婚生活は何かとお金のかかるものだから結婚したくないという男性は少なくはありません。しかし、女性側にある程度の経済力があれば結婚してからもお金に困らない、むしろ独身時代のようにお金を使うこともできるのではないかと思って、この人となら結婚してもいいかなと思われるのです。

また、先述の通りに家事ができることは、結婚したい女性の条件の中でかなり重要なポイントです。生活面でも自立している女性であれば、男性も結婚生活にポジティブな印象を抱きやすいでしょう。もし、家事が苦手という方は少しずつ慣れていくようにしてみましょう。例えば毎日10分間だけでもどこかを掃除する、週に1日は自炊するなど、はじめは低いハードルにして挑戦していくのがおすすめです。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171002153323j:plain

今回ご紹介した「結婚したい女性」に、あなたは当てはまっていましたか?

女性よりも結婚願望が低くて結婚にマイナスイメージを抱きがちな男性に「結婚したい」と思われるのはなかなか難しいかもしれませんが、一度そう思ってもらえれば結婚の可能性はかなり高まります。

そんな男性の結婚イメージを少しでも良くできるような、結婚したい女性を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

婚活サイトは無料で使える?男性と女性では利用料の違いはあるの?
婚活サイト利用者の結婚率が気になる!調べてみました
結婚相手をインターネットで探す?利用者増加中の婚活サイトとは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。