体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発表!「片づけ大賞2017」。片づけられない人の暮らしは、プロ技アドバイスでどう変わった?

発表!「片づけ大賞2017」。片づけられない人の暮らしは、プロ技アドバイスでどう変わった?

片づけや整理収納のプロ達が集う「片づけ大賞2017」が8月に大阪市で開催されました。プロの高度な片づけセオリーやスキルを讃え、その知識を共有する場です。片づけ・整理収納のプロが、片づけられない人をどのようにサポートしているのか、また、プロに依頼することで片づけられない人の暮らしにどのような変化が生じるのか、8人のファイナリストの方々の事例を元に紹介します。

「片づけられないと悩まないで。私たちプロがいますよ」

「片づけ大賞」とは、片づけや整理収納の仕事をしている“片づけのプロ”の全国大会。2014年に第1回大会が開催され、今年で4回目を数えます。片づけや整理収納の団体、企業はいくつもありますが、所属を問わず片づけのプロ達がさまざまな片づけ事例を共有する場となっています。

片づけ大賞のサイトには、次のように開催の目的が掲げられています(一部抜粋)。

――モノと情報が氾濫する現代の日本では、昔のように誰もが自己流で整理整頓ができるほど、空間もモノも情報も思考も単純ではなくなっています。そう、小学校の家庭科で『片づけ、整理整頓』を学ぶ時代であり、学ばなければ快適な生活を営むことすら困難になっているのです。

――「片づけられない人」の増加に対する「片づけ・収納のプロ」という職業の普及と認知度の向上は急務であり、これを実現するための一つの施策として「片づけ大賞」は誕生しました。

――多くの片づけられない人に希望を与えるとともに、日本人の幸福度の向上に寄与できることと確信しています。

世の中には、片づけられないことで暮らしに不便や困難が生じている人が多々いるという実態があります。片づけたくとも片づけられない人に対して、「悩まなくても大丈夫。私たちがいますよ」とプロの存在を発信する場にもなっているのです。

1人で悩んでいないで、専門家に相談してみると道は開ける……今回の大賞からそう読み取れた事例の数々を次章で紹介します。

相談者の心に寄り添って、片づかない原因を解きほぐす

片づけ大賞では、書類審査を通過した8人のファイナリストが登壇。独自のスキルやセオリーで手掛けられた「片づけ事例」の内容紹介を行い、結果、グランプリ、準グランプリ奨励賞、審査員特別賞(2名)が選考されました。ファイナリスト達は「クライアントの生活が改善されたか」「この活動は社会的な貢献になっているか」「依頼したい/知り合いに勧めたいと思うか」「プレゼンテーションは分かりやすいか」の4項目で評価されます。

まず、受賞した4名の発表内容を紹介します。

【グランプリ 片づけ大賞】『都内3階建て5LDK 10年間「片づけられない」を開いたパスワード』

松林奈萌子さん(マスターライフオーガナイザー、メンタルオーガナイザー、整理収納アドバイザー、「Jeweled House」代表)【画像1】グランプリ受賞の松林さん(右)と審査委員長の「かたづけ士」小松易さん(左)(画像提供/JAPAN ORGANIZING AWARD 実行委員会)

【画像1】グランプリ受賞の松林さん(右)と審査委員長の「かたづけ士」小松易さん(左)(画像提供/JAPAN ORGANIZING AWARD 実行委員会)

本人が意識していない「片づけられない原因」を解きほどく

ゆとりある5LDK・3階建てに暮らすYさん(38歳・女性)からの相談です。どの部屋にも多くの物が整理されないまま置かれた状態で、ご本人は自分が整理下手だから片づけられないと悩んでいたそうです。ヒアリングしていくうち、「原因は別にあり、その本質的な原因を意識していないのでは」と松林さんは考えました。

実はYさんの家は、早世された義家族の家を引き継いだもので、故人の物が一部置かれたままだったそうです。Yさんご夫妻は故人への思いを物に投影して大切に考えながらも、10年間、自分達の物も含めてどう整理してよいかわからないまま、片づけられないのは整理が下手だからと考えてしまっていました。

「モノに対する気持ちの整理が追いつかず、片づけたくても片づけられない方はとても多いのです。私達サポーターは片づけられない本当の理由にじっくり寄り添い、モノとコトを『自分事(じぶんごと)化』して向き合っていくことが何より大切だとお話しています。そして、『物を減らすというより、好きな物を残す』『迷う物はどんどん残して』とお伝えすると、Yさんご夫妻の片づけが加速していきました」と松林さん。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会