体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職場における「コンセプト」の重要性とは|おちまさと×迫田健太郎 対談

f:id:kensukesuzuki:20170928181526j:plain

第一線で活躍するビジネスパーソンに、「ファッションへのこだわり」をうかがうシリーズ第 2 弾。今回は「オトナな保育園」というコンセプトを掲げ、注目を集めている社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループの迫田健太郎さん。そして同グループのCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)を務めるおちまさとさんです。

<プロフィール>

f:id:kensukesuzuki:20170928181627j:plain

おち まさと

1965年東京都出身。プロデューサー。

数多くの人気TV番組やWEBサイトの企画、数多くの企業ブランディングまでジャンルを越えて活躍。近年では、東京スカイツリーソラマチ室内遊園地「東京こども区こどもの湯」総合プロデュースや、ダイワハウス「IKUMACHI」総合プロデュース他、多岐にわたる企業のCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)・顧問を務める。

おちまさと (@ochimasato) | Twitter

f:id:kensukesuzuki:20170928181645j:plain

迫田健太郎 (さこだ けんたろう)

社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループ理事長。

立教大学経済学部経済学科を卒業後、アクセンチュア入社。2003年同社を退社し、社会福祉法人あすみ福祉会の常任理事に就く。茶々保育園グループの全体統括や人事管理、人材育成を行い、2013年に理事長に就任。

迫田健太郎 (@Kentaro_Sakoda) | Twitter

保育士が誇りを持って仕事できるエプロンをデザインしよう

——茶々保育園グループは、保育士の制服に非常にこだわったそうですが、その理由とは?

おち:まず前提として、これからの時代は子どもたちの制服や先生たちの割烹着のデザインをもっとこだわっていくべきと考えがありました。保育業界では人材不足が続いていますが、求職者が仕事を探すとき「ここの制服いいな」と感じてもらうことはひとつの武器だと思います。子どもたちが身につけるものも、「汚れるから何を着せても同じ」という時代から変わりつつありますので、大人も欲しくなるようなデザインにしたかったのです。f:id:kensukesuzuki:20170928182112j:plain

迫田:一般的には保育士さんの制服にこだわるなんて邪道だと思われるかもしれません。「格好にこだわるより、仕事に心を込めろ」みたいな。しかし我々は制服にかぎらず形から入ることが多く「このエプロンに似合うよう、誇りをもって仕事をしよう」と、形から入るからこそ意識が変わると実感しています。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。