体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは?

【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは?
近年、様々なご家庭のご事情により「放課後等デイサービス」を利用している世帯が増えているそうです。

対象となる児童は、どのようなもプログラムやサービスが受けられるのでしょうか。

「放課後等デイサービス」を利用する際の手続きや注意点を含め、気になるポイントを、順序立てて解説していきます。

放課後等デイサービスとデイサービスとの違い

放課後等デイサービス

子どもたち

6歳〜18歳の子ども向けのサービスで、学童保育に似ています。2012年の児童福祉法改正により設置され、民間業者も参入し近年増加しています。

デイサービス

デイサービスでの食事介助

介護を必要とするお年寄りが日帰りで施設に通い、食事・入浴・機能訓練をしたり、お年寄り同士の交流やレクリエーションを行い、介護している家族の負担を軽減する制度です。

街中でデイサービスセンターを見かけたり、出入りするお年寄りを見かけることもあるかもしれません。

放課後等デイサービスを受ける対象

車椅子の少年

対象となるのは、以下の児童が対象になっています。

・身体障碍

・知的障害

・精神障害

・自閉症スペクトラム

・学習障害

その他にも、療育手帳や障碍者手帳がなくても、専門家の意見書があり必要が認められれば通所することができ、料金の負担が減ります。

放課後等デイサービスのプログラム・サービス内容

子供の工作

子どもたちが放課後や長期休暇にデイサービス施設に通い、友達と一緒に様々な活動を通して、生活力改善を目指します。

内容は事業所によって様々です。

プログラム例

・工作

・音楽

・習字

・料理

・ゲーム

・パソコン

・体を使った遊び

・療育(社会的自立を目指して行動、コミュニケーション、学習などのサポートをしていく訓練)

・休日に動物園や工場見学

サービス例

学校に児童を迎えに行き、自宅まで送り届ける送迎を行っている場合もあります。また、おやつが出ることもあります。

放課後等デイサービスを利用する際の手続き 

市役所 

手続きの流れ

1. 障害児相談支援事業所、役所の福祉担当窓口に相談します。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。