ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネパールの女性たちの未来を創る化粧品ブランド

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ネパールの女性たちの未来を創る化粧品ブランド
J-WAVEで10月1日(日)から始まった新番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「FUTURE DESIGNERS」。初回のオンエアでは、ネパール発のオーガニック・スキンケアのナチュラル化粧品ブランド「Lalitpur」の代表、向田麻衣さんをゲストにお迎えしました。

「Lalitpur」は、標高8000メートル級の世界最高峰の山がある国・ネパールで、高山植物を使った化粧品を現地で製造、日本で販売しています。「私たちの主力商品は石鹸なんですけれども、すべての石鹸に配合しているのが、『ジャタマンシー』という、標高5500メートル級に生息しているワイルドハーブなんです」(向田さん、以下同)

ジャタマンシーは、古代ローマ時代から場を清めるときに使われてきた希少な精油。「精神を落ち着ける」や「安眠」などの効果があるそうで、最新の科学の研究によって、肌の細胞の損傷などを回復する力を強める・早めることが分かっているとか。

そもそもですが、向田さんは今から17年前、17歳のときに初めてネパールに訪れたそう。そこからネパールが大好きになり、「何かネパールでできることがないかな?」と考えた結果、化粧品の会社というカタチでネパールに携わっています。

では、「Lalitpur」に関わるネパールの女性はどういった女性たちが、どんなカタチで参加されているのでしょうか?

「今、全員女性で32名の作り手がいまして、その内の25名がラッピングなどを担当している若い女の子たちです。彼女たちは人身売買の被害に遭って、シェルターに暮らしている少女たちです」

そういった女性たちはなかなか仕事を見つけることが難しいため、比較的カンタンな手作業で、「Lalitpur」に参加しています。その中で、「17歳で読み書きができなかった女の子が、午前中の早い時間に学校に行って、終わったあとに工場で働いて。その女の子たちは勉強と仕事を両立してできるようになって、これからアカウンティング(経理)の勉強を始めようと言っています」と向田さん。

ネパールのハーブ、ジャタマンシーは、癒しや清める効果があると向田さんは説明していましたが、彼女たちは仕事を通して、いろいろな大変だった経験を癒し、前に進むきっかけにもなっているかもしれませんね。

「仕事をするって、決して金銭を得るということだけではなくて、やっぱり自尊心だったりとか、人の役に立っているっていう自信や、自分自身が誇りを取り戻すっていうような意味もおそらくあると思います」

仕事をするようになってからは声が大きくなったり、よく笑うようになるなど、気持ちに変化が表れる女性もいるそうです。

また、「今に100パーセント集中して、今に情熱を100パーセント傾けるということが、本当の意味で“自分の未来を創っていく”ということなのかな、と最近思っています。未来というのは、どこにも実はなくて、今この瞬間しか私たちにはない、それを重ねていくことで、思い浮かべている未来に出合うんだと思います」と語った向田さん。今後の活動が、ネパールの女性たちにとってどんな未来を創るきっかけになっていくのか楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。