体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供がおぼれる時の想像と現実 想像→あばれる 現実→静かにおぼれます

子供がおぼれる時の想像と現実 想像→あばれる 現実→静かにおぼれます

こども、特に乳幼児のうちは思いもかけないところで思いもよらぬ事故に遭う事があります。
佐久医師会(長野県佐久市)が佐久地域で行っている「教えてドクター!」プロジェクトチームの、教えてドクター佐久(‏@oshietedoctor)の中の人であり医師が注意喚起を出しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

「乳幼児の不慮の事故で2番目に多い『溺水』。溺れる時、バシャバシャもがくのは映画の世界だけです。溺れた状況を理解できず、もしくは呼吸に精一杯で声を出す余裕もなく、静かに沈みます(本能的溺水反応といいます)。隣の部屋にいれば音で分かると思ったら大間違い。入浴中は気を付けましょう。」というツイートの次に製作チームの方がイラストにして紹介しています。

乳幼児の不慮の事故で2番目に多い「溺水」。溺れる時、バシャバシャもがくのは映画の世界だけです。溺れた状況を理解できず、もしくは呼吸に精一杯で声を出す余裕もなく、静かに沈みます(本能的溺水反応といいます)。隣の部屋にいれば音で分かると思ったら大間違い。入浴中は気を付けましょう。

— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) 2017年9月27日

さっきの溺水のツイートを、制作チームのイラストレーターがイラストにしてくれました。 pic.twitter.com/adpqSDkeih

— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) 2017年9月27日

一目で分かりやすく溺水について説明されています。水に溺れる時って一般的なイメージだと大騒ぎしながら手足をばたつかせる、というイメージですがこれは水の中で身動きが取れなくなったことを自覚した人が出来る行動。では、『本能的溺水』とは?

筆者も気になって研究文献を探してみましたが意外とないものなんですね。教えてドクター!の中の人である小児科医の坂本先生にお伺いしたところ、本能的溺水反応は『instinctive drawing response』の和訳であるとの事。水に沈んでしまった事自体本人が気付けず、音もなく水に沈んでいってしまい結果溺れてしまう、という反応だそうです。この反応について体験している方も結構いるらしくツイートに対しても「子どもが同じ様な経験をした」「自分がまさにそれを経験した」「プールで監視していて変だと思った子がまさにその溺水だった」といった感想が寄せられています。

なお、この本能的溺水反応は乳幼児以外でも起こりうる可能性は高く、夏場に小学校のプールでの溺死事故が報道されたのもこの本能的溺水反応である可能性が高いと筆者はみています。集団の中で静かに溺れるので監視をしている先生も気が付きにくく、溺水についての知識が少ないと溺れている事に気が付かない可能性が高くなるのではないかと考えています。

溺水ですが、教えて!ドクター制作チームの中の人1号小児科先生、イラスト担当デザイナー、公報IT担当は自分ちのこどもを沈めていることが判明いたしました。みなさま、、ほんとに気をつけましょう・・・

— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) 2017年9月28日

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会