体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タレント好感度ランキング 新垣結衣の初1位に「今更感」


ビデオリサーチは9月25日、年2回実施している「テレビタレントイメージ調査」の2017年8月度調査結果を発表した。男性タレント部門の人気度1位には明石家さんまが、女性タレント部門では新垣結衣がはじめて人気度1位となった。

「人気度ランキング」あるいは「好感度ランキング」とも呼ばれている「テレビタレントイメージ調査」。男性部門は、1位が明石家さんま、2位が阿部寛、3位がマツコ・デラックスという結果だった。また、かつては『an・an』の“抱かれたくない男”の代名詞的存在だった出川哲朗が17位にランクインした。

一方、女性部門では1位が新垣結衣、2位が浅田真央、3位が天海祐希という結果。2017年2月度のランキングで1位だった綾瀬はるかは4位だった。

昨年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のヒットも後押ししたのか、1位となった新垣結衣。Twitterでは、

“ガッキーが好感度1位とか今更感。 私の中では10年前からずっと1位”
“ガッキー可愛いからねそりゃ1位にもなるよね”
“ガッキーの好感度1位って俺からするとなにを今更って感覚。”

と、当然の結果だという感想が多く、特に驚かれている様子もなかった

また、冠番組がスタートしたり、CMにも出演したりと、最近露出が増加している出川については、

“出川哲朗はまだまだこれから順位が上がると思います(笑)”
“出川の好感度が上がったのは、世間が多様性に寛容になったからだと思う 出川自体はずーっと変わってない”

などといった意見が寄せられた。たしかに、昔から何ひとつやっていることは変わっていない出川。その人気度が上がったというのは、出川が変わったのではなく、世の中が変わったのかもしれない。

例年、上位陣の順位が入れ替わることがあっても、そのメンバーはなかなか入れ替わらない「テレビタレントイメージ調査」。出川哲朗のさらなるランク上昇で、大きな変化がもたらされる日は近いか?
(小浦大生)

■関連リンク
・テレビタレントイメージ2017年8月度調査 – ビデオリサーチ
https://www.videor.co.jp/press/2017/170925.htm
・新垣結衣オフィシャルファンクラブ | Yui’s Room
http://yui-aragaki.lespros.co.jp/
・「好感度」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E5%A5%BD%E6%84%9F%E5%BA%A6

関連記事リンク(外部サイト)

松岡修造が“アツすぎる”公式YouTubeチャンネルを開設
“リアル版電車でGO”としまえんに登場でついに夢が叶う?
「名作」評の『ひよっこ』スピンオフ待望論が続出

STANDBYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。