ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“リアル版電車でGO”としまえんに登場でついに夢が叶う?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1回400円、ないしは1日券で乗車可能(としまえんHPより) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
男の子の将来の夢の大定番といえば電車の運転士。そんな夢がつかの間だけ叶うアトラクションが都内の遊園地に登場し、話題になっている。

9月30日、西武グループが運営する「としまえん」に、「チャレンジトレイン」という新アトラクションが登場した。このアトラクションは、電車型の乗り物の運転席に座り、マスター・コントローラー(通称:マスコン)やブレーキハンドルを操作して運転するもの。マスコンは、ワンハンドル・マスコンとツーハンドル・マスコンの2種類を選ぶことができ、車両には速度計や警笛、コースには踏切や信号なども設置されている。

電車の運転士に憧れる人が多いのは、テレビゲーム『電車でGO!』の大ヒットが証明済みだが、こちらはいわばその“リアル版”。子どもならずとも、鉄道ファンならずとも心躍るアトラクションは、早くも話題になっている。Twitterには、

“ミニ列車を自分で運転できるとしまえんチャレンジトレイン、面白そうだなぁ。体験してみたいなぁ…”
“鉄オタとしては一度は乗ってみたいアトラクションだよね”

など、興味を覚える人が続出し、

“いや~チャレンジトレインなかなかだったわ!”
“結構、運転は難しい…得点は38点”
“池袋駅に自分で止まるようにマスコンを操作するの、子供向けのアトラクションとしてはクオリティ高すぎる。駅の場所にはちゃんと信号もあるし”
“最初に加速を失敗すると、あとは自動運転で操作が全く効かなくなりました。遅延は発生しないということですね”

など、体験報告も続々と登場。

“チャレンジトレイン一時間待ちとな”
“子供が楽しめるかと思って並んでる。しかし待ち時間は60分”
“豊島園のチャレンジトレイン、破壊力ありすぎ。大行列”

といった声も寄せられており、最初の週末は大盛況だったようだ。ちなみに車両タイプは、2017年3月にデビューした新型車両40000系や、黄色いボディーカラーでおなじみの2000系をデフォルメした全4タイプがあるとのこと。幼いころの夢を諦めた人は行くしかなさそうだ。
(金子則男)

【関連リンク】
・9月30日 新ライド 「チャレンジトレイン」 オープン!-としまえん
http://www.toshimaen.co.jp/news/13760/index.html・Yahoo!検索(リアルタイム) 「チャレンジトレイン」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?ei=UTF-8&fr=rts_top&aq=-1&oq=&p=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3&meta=vc%3D

関連記事リンク(外部サイト)

松岡修造が“アツすぎる”公式YouTubeチャンネルを開設
「名作」評の『ひよっこ』スピンオフ待望論が続出
「透明飲料」は「日本の闇」を反映していると話題

STANDBYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。