ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

PUFFY、『ちびまる子ちゃん』新エンディング曲を担当 &アニメーションでの出演も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

全国FNS系列で放送中のアニメ『ちびまる子ちゃん』の新エンディング主題歌を、PUFFYが担当することが発表された。タイトルは「すすめナンセンス」で、10月8日(日)放送分からオンエアされるとのこと。(一部地域を除く)
ちびまる子ちゃん&PUFFY キーヴィジュアル
(C)さくらプロダクション/日本アニメーション (okmusic UP's)

「すすめナンセンス」は『ちびまる子ちゃん』の主題歌として老若男女誰からも愛される楽曲「おどるポンポコリン」と同じく、原作者であるさくらももこが作詞、織田哲郎が作曲を担当しているとのこと。タイトル通りのナンセンスかつコミカルな世界をPUFFYが歌い、完成したエンディング主題歌のアニメーション映像にはお馴染みのキャラクターが登場する中、アニメで描かれたPUFFYも登場してストーリーを盛り上げる。
【コメント】

■PUFFY(大貫亜美・吉村由美)コメント

「まさか自分達が、ちびまる子ちゃんのエンディング主題歌を歌うことになるなんて。そしてそのまさかが現実にやってくる日がくるなんて。摩訶不思議な歌詞には相当のことがない限りは驚かないPUFFYですが、今回は摩訶不思議+笑ってしまい歌えないというパンチありすぎの歌詞。こんな歌詞を歌えるのは、PUFFY以外いないんじゃないでしょうか、と我ながら思いました。そして最高に楽しい作品になりました。」

■さくらももこ コメント

「久しぶりに、ものすごくナンセンスな歌が作りたいと思ったんです。ナンセンスな歌といえば私にとって織田哲郎さんなんです。『おどるポンポコリン』と『走れ正直者』以来の、織田哲郎&さくらももこナンセンスワールドを作りたいと思ったとき、パッとPUFFYが浮かんだのです。本当にとても愉快な歌ができました。こんなに面白い創作ができて喜びでいっぱいです。」

■織田哲郎 コメント

「PUFFYの二人と初めて会ったのはもう20年以上も前なのに二人の変わってなさったら何なの。びっくり。そして二人が歌い始めた途端にそこはすっかり心地よいPUFFYワールド。さくらももこさんの独特の世界感がPUFFY色に広がってとても素敵な作品に仕上がったと思います。 」
『ちびまる子ちゃん』 番組情報
毎週日曜日 夕方6時~ 

フジテレビ(FNS)28局ネットにて放送中

・キャスト

まる子(声:TARAKO)

お父さん(声:屋良有作)

お母さん(声:一龍斎貞友)

おじいちゃん(声:島田 敏)

おばあちゃん(声:佐々木優子)

お姉ちゃん(声:豊嶋真千子) 他

・スタッフ

原作:さくらももこ

脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)

プロデューサー:狩野雄太(フジテレビ)、田中伸明(日本アニメーション)

監督:高木 淳(日本アニメーション)

制作:フジテレビ 日本アニメーション
『PUFFYのCHKERU TOUR 2017』
11月04日(土) 奈良・NEVER LAND

11月05日(日) 兵庫・神戸VARIT.

11月11日(土) 滋賀・U★STONE

11月12日(日) 和歌山・CLUB GATE

11月23日(木) 京都・磔磔

11月25日(土) 大阪・寝屋川VINTAGE

11月26日(日) 大阪・寝屋川VINTAGE

<チケット>

料金:前売¥5,400(税込)※1Drink別

一般発売日 : 10月07日(土)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。