ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

健康志向のあなたに!スマホと連携させて2分で心拍変動(HRV)の測定ができる「CorSense」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
自律神経の揺らぎによる心拍変動のことを「HRV」といい、精神的ストレスを抱えている時などにこの数値に乱れが発生する。また、一部のウェアラブルデバイスにもこの機能が搭載されていることでも知られている。

しかし、HRVを測ることのみがそれらデバイスの目的ではないだけに、私たちの生活パターンを変えるほどの正確性や使いやすさが実現されていないという声もあるようだ。では、今回紹介する「CorSense」はどうだろう?

・2分間の計測でより正確に

CorSenseは、指を入れてスマホと連携させることでHRVを測定できる小型のデバイスだ。常に測定し続けているウェアラブルデバイスとは異なり、測定に必要なタイミングは1日に2分間のみ。

しかし、この2分間でより高い精度のデータを収集することが可能だ。それは、CorSenseには高品質で複数の光学センサーと、アルゴリズムが搭載されているからだそう。

医療機関でこのレベルの診断を受けようとすると、なかなかの金額になるほどなのだ。それを自宅で簡単に、安く実現してくれるのがCorSenseというわけだ。

・日々の健康状態を教えてくれる

HRV解析から睡眠不足や、栄養失調、運動不足など、日常生活のさまざまな異常も見つけることができる。専用アプリの質もなかなか高いようで、毎日得られるHRVからユーザーに適宜健康指導を行ってくれるのだ。

1日1回の測定で十分で、小型でもあるので、旅行先にもっていくことも可能だろう。CorSenseは今ならKickstarterで105ドル(約1万1800円)で、キャンペーンは2017年10月19日まで実施されている。

より正確で本格的な測定をしておきたいという健康志向の人には、ぜひチェックしてもらいたいアイテムといえるだろう。

執筆:Doga

CorSense/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。