体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グラソー ビタミンウォーター×蜷川実花』新グラフィックが街頭で公開 ストリートを彩るカラフルなクリエイティブをチェック

『グラソー ビタミンウォーター×蜷川実花』新グラフィックが街頭で公開 ストリートを彩るカラフルなクリエイティブをチェック

この春「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」をタグライン(※)に、写真家の蜷川実花さんが新グラフィックを手がける『グラソー ビタミンウォーター』。蜷川実花さんインタビュー、『power-c』を表現する斎藤工さんの撮影現場レポートとインタビューに続く今回は、いよいよ都内では4月16日から公開された新グラフィックを実際に見てきたのでレポートをお届けします。
※タグラインは、企業やブランドのコンセプトや主張を分かりやすく伝えるためのスローガンやキャッチフレーズのこと。

新グラフィックは、斎藤工さん、くみっきーさん、KOuKAさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、窪塚洋介さんをモデルに起用。全国の屋外広告に個性的な5名がそれぞれのフレーバーをイメージしたカラーで「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」を表現します。4月から全国の主要都市で広告が掲出されているので、既に目にしている方も多いのでは? 東京では4月16日からJRの主要駅で公開されているほか、渋谷エリアと裏原宿エリアで公開されています。

『グラソー オフィシャルサイト』には「街中のポスターを探せ!」とあるだけで、具体的な掲出場所までは情報がありません。事前に入手した資料を片手に、まず渋谷の公園通り周辺を探してみます。

渋谷センタービルボード

ありました! 一番目につきやすいのは渋谷センタービルボード。ビジョンの両脇に8枚のポスターが掲出されています。

取材した斎藤工さんの『power-c』

取材した斎藤工さんの『power-c』は、赤がテーマカラーのパワフルな作品。あのスタジオでの撮影がこういうクリエイティブになるんですね。是非、撮影現場レポートも読んでみてください。

アドアーズ カラオケ館

アドアーズ、カラオケ館など、店頭に掲出しているポスターもすぐに見つかるのでは。でも、蜷川さんのカラフルなクリエイティブが映えるのは、一歩入ったストリートの壁面なのです。

フランフラン脇道には全種類のクリエイティブが

フランフランの脇道には15枚のポスターが掲出され、モデル5人のクリエイティブをまとめて見ることができます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。