ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ポケットの中の主治医!?皮膚の状態をその場で診断するペン型デバイス「Barrier Light」が頼もしい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
季節の変わり目になると、現れる皮膚のトラブル。普段それほど肌荒れが起きない人も、顔や体の一部がかゆくなるといった症状が起りやすくなる。

原因は、急な温度差からくる肌の乾燥。特に、免疫力が低下していると、基礎代謝が下がり、かゆみが出てくるのだとか。日頃からしっかり体調管理していれば、問題ないそうだが、なかなかそうはいかない。かと言って、放置し続けると、悪化する可能性もあるだろう。トラブルが出たらとにかく、早目に対処するのが吉だ。

そんなとき、頼りになりそうなプロダクトがこの「Barrier Light」。皮膚に当てるだけで、肌の水分量やバリアの強さを検出する、ペン型の診断デバイスだ。

・わずか10秒で皮膚の水分量を測定

診断は、わずか3ステップ。本体のボタンをオンにし、アプリを立ち上げて計測したい部位を設定する。あとは該当する部分に当てて、10秒待つだけ。肌の水分量が測定され、改善に必要なスキンケア製品が表示される仕組みだ。

計測したデータはアプリ内に保存され、データとして蓄積される。推薦された化粧品や医薬品を使いながら、改善の過程を追うこともできるようになっている。

・クリニックと同レベルの診断を提供

水分が肌から逃げると、皮膚バリアは弱くなり、有害な細菌や早期老化を招くことになる。予防策は、皮膚に強固な障壁を作り、常時健康な肌を維持すること。そのカギとなるのが、早期の診断だ。「Barrier Light」は、研究室や病院など、実際に専門機関で使われている診断技術を搭載。高度な4つのセンサーによって、クリニックと同レベルの診断を実現している。

現在、Kickstarterで支援募集中の本品。目標額は、すでに達成済みだ。早期割引価格は、99ドル(約1万1000円)から。オーダーは、10月20日まで受け付けている。

Barrier Light/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。