ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

こんまりさんプロデュース! 世界を席巻する「ときめき片づけ」が手帳に

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
こんまりさんプロデュース! 世界を席巻する「ときめき片づけ」が手帳に

■世界を席巻! こんまりさんの「ときめき片づけ術」

2015年4月、アメリカの『TIME』誌で発表された「世界で最も影響力のある100人」の中に、2人の日本人の名前がありました。一人は小説家の村上春樹さん。もう一人は片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんです。

“こんまり”という愛称で知られる近藤さんは、「モノを捨てるかどうかは、ときめくかどうかで決める」というシンプルな片づけ術を提案した『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版刊)を2010年に出版。実用書としては異例のドラマ化がなされるなど、話題を呼び、シリーズ累計800万部を突破する世界的ベストセラーになりました。

そして、著書が世界で読まれたのを機に、2016年に活動拠点をアメリカに移転。異国の地でも、「ときめき片づけ術」を広め続けており、2017年5月に雑誌『ESSE』(扶桑社刊)でスタートした連載では、そのアメリカ生活を垣間見ることができます。

■「ときめく習慣」で人生を変えちゃう 2018年の手帳が登場!

そんなこんまりさんプロデュースによる2018年の手帳が出版されました。その名も『こんまりの毎日がときめく魔法の片づけ手帳2018』(扶桑社刊)です。

サイズは四六判で、書籍の単行本と同じ。手に持ちやすく出来ています。表紙はグリーンのほかに、ベージュ、ピンクとカスタマイズ可能。また、ビニールカバーを外してお気に入りのブックカバーを付けることもできます。これがあれば、毎日の片づけが一気に捗りそうな予感がします。

また、巻末のシールを使って表紙を自由にデコることができ、あなただけのオリジナル手帳ができあがります。

この片づけ手帳には、1年間のスケジュールとともに、片づけをしっかりおわらせて「ときめく人生」を手に入れられるための工夫が施されています。そのひとつが毎月の月初めに書き込む、その月の「ときめき習慣」。好きな時間やときめくこと、うまくいかないことなど、自分自身を振り返りながら、その月に実践するちょっとした習慣を自分で決めていくのです。

こんまりさんは「人生は日々の暮らしの積み重ね」と言います。人生を豊かなものにするためには、毎日少しずつ「ときめき」を積み重ねていくことが大切なのですね。

また、もう一つ嬉しいのは、この手帳が12月始まりだということ。2018年が始まってから片づけ習慣を身につけるよりも、2017年中から少しずつ習慣を覚えていき、すっきりした気分で2018年を迎えることができそうです。今年の年末から少しずつ準備をしていき、来年を飛躍の年にしましょう。

■こんまりさんの実用性溢れる「魔法のコトバ」を見逃すな!

この手帳の中には、こんまりさんによる「魔法のコトバ」がさまざまなところに書かれています。それは片づけに関するちょっとした小噺であったり、収納や整理整頓のコツであったり。一部をご紹介しましょう。

・片づけをしたら、恋愛がうまくいきだした、夫婦仲がよくなった、というのはよく聞く話です

・玄関をキレイに保つコツとして、玄関にある靴そのものを美しくしておくのもポイント

・捨てるのに抵抗があるならリサイクルへ。誰かの役に立つと思うと、手放すことも喜びに

次の週に行くのが楽しみになる『こんまりの毎日がときめく魔法の片づけ手帳2018』は、「ずっと片づけをしようと思っているけれど全然進まない…」という悩みを吹き飛ばしてくれるはずです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

なぜデンマークは世界一幸せな国なのか? ナチュラルに生きるためのコツ

三角コーナーや水切りは置かない、動線に合わせた収納…「台所のやる気」の作り方

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。