ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

クラシック界の鬼才は演奏中に鼻歌も!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クラシック界の鬼才は演奏中に鼻歌も!
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。4日間にわたり、ピアニストのグレン・グールドを特集しています。2017年は、グレン・グールド生誕85年の記念イヤーということもあり、唯一無二の才能が再び注目を集めています。

実は、このコーナーの解説者で日本クラシックソムリエ協会代表理事の田中泰さんも、別所も、グールドの大ファンだそう。別所は「とにかく型破り! 演奏中も鼻歌を歌ってますから。本来、やってはいけないことをやっちゃうんです。それでも素晴らしい! グールドの演奏は強烈な個性が溢れています」と、魅力を語りました。

初日となる10月2日(月)のオンエアでは、ヨハン・セバスティアン・バッハの「ゴールドベルク変奏曲」をお届けしました。田中さんによると、アルバムは1955年に録音され、“クラシック史上屈指の名盤”として、半世紀以上経った今も、多くのファンに愛され続けているそうです。

「そして、1982年の死の1年前に再び『ゴールドベルク変奏曲』を録音したことが、グールドの“ゴールドベルク伝説”に拍車をかけたことが思い出されます」と田中さん。

放送では、「ゴールドベルク変奏曲」の1955年版の全ての録音テイクが収められた「ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955」から、「Aria」のテイク1をお届けしました。録音を繰り返している最中のグレン・グールドの声も収録されていて、別所は「たまりませんね!」と感激していました。こちらのアルバムは発売されたばかりです。クラシック界の鬼才の演奏を要チェック!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。