体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル

同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル

私は人見知りですが、あまりの(育児の)孤独感と情報欲しさに生後2か月から児童館に通い始めました。 関連エピソード:あれ、みんなキラキラしてる…!? 予想外の雰囲気で一歩も動けなかった、児童館デビュー by ナナハル

話上手でもないし、ほとんどのママさんと年齢が離れていることもあり、

子供の歳が近い、以外に共通点がなく盛り上がっている会話の中についていけないこともありましたが、それでも本当に素敵なママさんたちばかりだったので頻繁に通うことができました。

ところが、息子のある癖をきっかけに行かなくなってしましました。f:id:akasuguedi:20170927095433p:plain

それは、投げ癖です。

この投げ癖には長い間悩みました。

「気持ちを受け止める」「真剣にダメな理由を教えてあげる」「ダメと言わず別の言葉に置き換える(こっちのおもちゃで遊ぼうなど?)」などなど…。

調べたりアドバイスされたことを試してみましたが、どれもあまり効果はみられませんでした。

息子は(月齢的にも)まだ上手に喋れず、こちらの言っていることに対する理解度も低いようにみえたので、感情のコントロールができず辛かったのだろうと今なら冷静に考えられます。

けれど当時は私もそんな息子にどうしてあげたらいいのかわからず、投げたおもちゃがお友達に当たってしまったりすると余計に焦ってしまい…。

その焦りなども息子に伝わっていたのだろうと思います。

幸い周りも同じ月齢の親子が多かったので

「かして」、「どうぞ」ができる年齢ではないという理解もあり、たいていはこうなりました。

f:id:akasuguedi:20170927095650p:plain

中にはとても気さくなママさんもいらっしゃって気持ちがほぐれることも。

また物をぶつけてしまったらどうしよう、という心配もありましたが息子は児童館が大好き。投げ癖が出始めてからも変わらず通い続けていました。

しかし・・・・・

f:id:akasuguedi:20170927100021p:plain f:id:akasuguedi:20170927100042p:plain

・・・ということもありました。

息子は自分が遊んでいるおもちゃを他の子が使い出す、ということが特に受け入れられないので、相手に怒っているわけではなく自分の感情のコントロールがきかずに近くのおもちゃを投げてしまうわけですが、そのおもちゃが当たってしまうことが多く、その方には要注意親子とみられていたのかもしれません。

自分の大事な子どもが傷つけられるのは誰しも嫌なはずです。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会