ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

滝川クリステルが一番長く担当した番組は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

滝川クリステルが一番長く担当した番組は?
J-WAVEで放送中の番組「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」(ナビゲーター:滝川クリステル)。10月1日(日)のオンエアではブラジルを中心とした音楽の旅をテーマにお届けしました。

J-WAVEと同じく、29周年を迎えた同番組。2010年4月からナビゲーターを担当している滝川は、「今日で7年半となるわけですね。それ以前に、テレビの『ニュースJAPAN』を担当していた期間が7年半でしたので、私がこの世界でお仕事を始めてから一番長い間レギュラーを務めているのが、この番組ということになります。ありがとうございます。本当に嬉しく思っています」とリスナーに感謝の言葉を述べていました。

さらに滝川は、この日、10月1日が誕生日でもあったそう。「本当にありがたい1日です。歳を重ね、また、大台を迎えまして、今までの自分と違う新しい自分でこれから再出発していければなと思っています」と今後の抱負も語っていました。

さて、番組では10月5日(木)から新宿バルト9で行われる「第14回ラテンビート映画祭」について紹介しました。この映画祭は、スペインとラテンアメリカの日本初公開の新作映画を中心に上映するイベントです。滝川は上映作品の中から、音楽にちなんだ映画として次の2作品を紹介しました。

「チャベーラ(CHAVELA)」
コスタリカからメキシコに渡り、1950年代にスターの座についた伝説の女性シンガー、チャベーラ・バラガスの93年の人生を追ったドキュメンタリー映画。

「J:ビヨンド・フラメンコ(Jota de Saura)」
スペイン映画界の巨匠カルロス・サウラ監督の最新作。自身の故郷でもあるスペイン北東部アラゴン州に伝わるダンスと音楽「ホタ(Jota)」の魅力を描いた作品。説明やセリフは一切なく全編に渡ってホタのダンスや歌が繰り広げられる。

番組後半ではブラジルのシンガー、ジョイス・モレーノさんをお招きし、スタジオライブを行いました。来年70歳を迎えるというモレーノさんの歌声に「いつ聴いてもパワフルで変わらない歌声。圧巻です。本当にギターと声だけでここまでの迫力を感じさせてくれる彼女のパワーにはいつも驚かされます」と感激する滝川でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」
放送日時:毎週日曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/saude/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。