ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

充電いらずのスマートウォッチ! ソーラーパネル搭載の「LunaR」は1万円台

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマートウォッチは便利だけど、頻繁に充電しなければいけないのが玉にキズ−。そう感じている人は要チェックのスマートウォッチがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

米国のスタートアップが開発した「LunaR」。なんと、ソーラーパネルを搭載し、太陽光だけでパワーを賄えるというもの。

見た目は普通のアナログ腕時計のようだが、スマホのノーティフィケーションをお知らせしたり、歩数を計測したりと、れっきとしたスマートウォッチだ。

・ライトでも充電可

ずばり、文字盤を覆うカバーがソーラーパネルになっている。光を受けて発電し、時計内部にあるリチウムイオンバッテリー(容量110mAh)を充電する。

発電効率などが気になるところだが、毎日1時間光に露出するだけで十分な電力を賄えるという。そして、太陽光に限らず人工光でも大丈夫なので、雨の日でも電池切れになる心配はなさそう。

・LEDライトでお知らせ

機能としては、まずはコールやメッセージなどの着信をお知らせするノーティフィケーションが挙げられる。文字盤の「12」にあたるところにLEDライトが埋め込まれていて、そこを光らせて通知する。Facebookのメッセージは青、Snapchatは黄色、Gメールは赤というふうに、色で使い分ける。

また、LunaRは加速度計などを内蔵していて、活動量計としても使える。歩数などのデータをLunaRに表示することはできないが、スマホアプリで確認できる。ちなみに、1日の目標歩数などを設定しておけば、達成時にLEDライトや振動でお知らせすることは可能だ。

そのほか、睡眠モニターやデュアルタイムゾーン表示の機能もある。

もう一つ、LunaRの魅力は価格。値が張るスマートウォッチが多い中で、LunaRは今なら138ドル(約1万5500円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成していて、年内に発送が始まる見込みとなっている。出資期限は10月24日。

LunaR/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。