体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あえて言おう、ガチであると!すた丼とラーメンの奇跡の合体「肉盛りすたみな麺」降臨

 

カランカランと中華鍋が踊る音、プルンプルンする豚バラ肉、そしてニンニクの香り――。ガッツリめしの定番で、最近は単独女性もカウンターでがっつく、あの『すた丼』に、ありそうでなかった“抱き合わせ最強メニュー”が誕生した。

 

その名も「肉盛りすたみな麺」。いつものすた丼の肉が醤油ラーメンのうえにドサッと載る、ビッグバンなメニューが10月1日から「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」で販売開始。さっそくそのインパクトを試してみた。

 

写真のメニューは「肉盛りすたみな麺(ごはん付)」で930円。そのスペックについてアントワークス商品部 小津貴仁課長は「肉盛りすたみな麺本体が重量1キログラム、ゴハンが200グラムで、総重量1.2キログラム」という。「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」では、重量で新メニューのボリュームを表現する領域に達し、もはやカロリーや丼ぶりの直径といったアマい尺度はない。

 

総重量1.2キログラム

 

同社広報室 昆野明日香係長によると、「総重量の内訳は、麺が440グラム、スープが340グラム、肉はすた丼と同じ110グラム」らしく、つまりは、肉の4倍にもおよぶ麺が、“すた丼バラ肉総本山”の下に潜んでいると……。

 

この、すた丼×ラーメンという「ありそうでなかった究極のカップリング」は、2017年4~5月に品川店限定でテスト的に販売したところ、なんと「すた丼屋の麺メニュー史上、最高の出数を記録した」という。その驚異的な記録を後ろ盾に、「食欲の秋」にガツンとリリースしたというわけ。

 

純粋すた丼や卵かけご飯のアレンジもアリ


 

記者は、濃厚であと味スッキリな濃厚黒醤油スープと特製ちぢれ麺と、すた丼のニンニク醤油ダレのコラボレーションを堪能したいという思いから、別添えの生卵を、あえて200グラムの白飯へ。卵かけご飯として2品目を愉しむわけだが、ここはテーブルに添わる醤油を使わず、「肉盛りすたみな麺」のスープをサッとかける。コレもうまいし、豚バラ肉をご飯に載せて、“純粋すた丼”として喰らうのも、あり。

 

スープにもこだわりが

紺野係長は「黒醤油をベースに、野菜ブイヨン・ポークエキスを配合。ニンニクのパンチが効いたコク。すた丼屋しかつくれないスープは、白米との相性も抜群」と太鼓判をおす。圧倒的スペック、すた丼とラーメンの絡み合い、それだけでもスゴいのに、「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」はそれだけで終わらせない。

 

なんと、このメニューの麺を2倍にして880グラムに、豚バラ肉を1.5倍の165グラムにしたドッカン大盛りも用意してしまった。さらに麺2倍、豚バラ肉1.5倍のドッカン盛り版も!

 

 

そのデカさを感じてもらいたく、丼ぶりのとなりにPASMOカードを置いてみると、それがまるで紙のきっぷのようなサイズに見えてしまうほど。現場にいあわせた営業戦略部 西山友梨氏や商品部 本庄亜里紗氏が両手で持つと、丼ぶりの直径は、彼女たちの腰幅ぐらいあるから、デカい。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会