ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本初!全商品無料のスーパーがオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本初!全商品無料のスーパーがオープン
J-WAVEの新番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「SWITCH FOR 2021」。10月1日(日)のオンエアでは、すべての商品が無料のスーパーにスポットを当てました。

このスーパーは、9月に東京の多摩地域に誕生したばかりで、今後も月に一度のペースで開かれる予定だそうです。はたしてどんなスーパーなのか、無料スーパーを企画したNPO法人「シェア・マインド」代表理事の松本靖子さんにお話を伺いました。

同NPO法人は、フードバンクの事業を行っていて、企業や家庭から預かった食品を、食べる物に困っている方々に届ける活動を行っています。無料スーパーに並ぶ商品は、全て寄付されたもので、ひとりにつき、7点まで手にすることができます。

9月に開かれた初回の無料スーパーでは、米、乾麺、カップ麺、お菓子、缶詰、調味料、ドリンク類、乾物など、スーパーやコンビニなどで常温で扱われているものが並んだそうです。逆に、寄付をする方も多いとか。

また、生活に困っている人に限らず、誰でも利用できるようにと、入場制限をかけなかったそうです。その理由についてお聞きしたところ「利用者を貧困家庭の方だけにすると、本当に困っている人は来づらいと思うんです。自分が辛いときは誰にも知られたくないでしょうし、自分が利用する立場になったとして貧困家庭だけしか利用できないとなると、足を運ぶのに勇気が必要になってくるんじゃないかと思ったんです」と松本さん。

続けて、「もう一つの理由は、日本の食品ロスが年間で600万トン以上もあることを、みんなで解決していかないといけないと思ってるんです。そのことをたくさんの方に知ってもらいたいという思いもあって、制限をかけませんでした」とのことでした。

こうした取り組みが全国に広がっていくと、私たちの将来の生活も変わっていきそうです。そのためにも、松本さんはフードバンクの仕組みがあるということが、もっと広まってほしいという思いを語りました。

10月は多摩市にある「親子カフェWithCo」で1日に開催されました。無料スーパーの今後の開催日程など、詳細はNPO法人「シェア・マインド」のサイトをご覧ください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。