ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初放送記念 前作を超えるセールスを記録した『ディセンダント2』の新曲6曲をご紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
初放送記念 前作を超えるセールスを記録した『ディセンダント2』の新曲6曲をご紹介

 ディズニー映画の悪役の子孫を主人公にした大ヒット映画『ディセンダント』の続編『ディセンダント2』の日本初放送を記念して、本作の音楽に注目したミニコラムをお届けする。

映画『ディセンダント2』関連画像(全6枚)

 ポップな音楽とクールなダンスに彩られたミュージカルシーンは、『ディセンダント』シリーズの最大の見どころのひとつ。前作「ディセンダント」のサウンドトラックは、ビルボード誌の全米アルバムチャートで初登場No.1に輝き、鮮烈な印象を残しました。それに続く『ディセンダント2』のサントラは、前作を上回る初週セールスで、全米チャート6位の好発進。若い音楽ファンの心をがっちりつかんでいます。

 今作に登場する新曲は、下記の6曲。どれも耳に残るキャッチーな曲ばかりですが、ただ単にティーン受けを狙ったポップソングではありません。オルテガ監督がなによりも大切にしているのは、音楽とダンスでストーリーを語ること。「音楽はストーリーを前に押し進めるものでなければならない」というのが監督のモットーで、歌詞はいわばセリフの一部。脚本のなかで、セリフを歌に置き換えられるシーンを探し、曲のあいだに何が起こるか、どんな情報を盛り込んで欲しいかを、脚本家やソングライターたちと話し合いながら、曲作りを行っていくとのこと。オルテガ作品では、音楽がストーリーを牽引する原動力になっていますが、それは同時にディズニーの伝統でもあるのです。

 そして振付も、ストーリーやキャラクターを表現する重要な手段であり、演じる俳優たちに合わせて、こだわって作っているそう。今作では、マイケル・ジャクソン最期のコンサート『THIS IS IT』で振付助手をつとめ、アリアナ・グランデなど世界的なアーティストの振付を担当している若手のトニー・テスタをパートナーに迎え、視聴者に魔法をかけるファンタスティックなミュージカルシーンを作り上げています。

「Ways to Be Wicked」
マル、イヴィ、カルロス、ジェイの主人公4人組が歌うオープニングナンバーで、ヴィランズの怪しい魅力が全開。サントラのリードシングルとなる1曲。
「What’s My Name」
今作で新登場したウーマと海賊たちのイントロダクションとなる曲。パワフルなボーカルと、ワイルドな振付がかっこいい。
「Chillin’ Like a Villain」
ヴィランズの本拠地ロスト島にやってきた王子ベンに、イヴィたちが、どうやって悪に溶け込むかを教える曲。ファンキーな曲調とダンスが、80年代のマイケル・ジャクソンを思わせる。
「Space Between」
友情の絆も、今作のテーマのひとつ。別々の道を進むことになったマルとイヴィは、この曲で変わらぬ友情を誓いあう。エモーショナルで美しいバラード。
「It’s Goin’ Down」
海賊船を舞台にしたバトルシーンの歌。マルとウーマがラップ・バトルをくり広げる。オルテガ監督曰く、ヒップホップとオペラを組み合わせた“ヒップホペラ”だそう。
「You and Me」
今作のテーマを包括した、感動的なクロージングナンバー。水を効果的に使った独創的な振付は、オルテガ作品ならでは。

文:エンターテインメントライター・浮田久子
(C)Disney

◎放送情報
『ディセンダント2』
2017年10月21日(土)19:30~21:30、ディズニー・チャンネルで日本初放送
『ディセンダント』
2017年10月20日(金)19:30~21:30
『ディセンダント2 イッツ・ゴーイング・ダウン』
2017年10月1日(日)19:30~19:55、10月20日(金)21:30~22:00ほか

◎リリース情報
アルバム『ディセンダント2 サウンドトラック』
2017/10/18 RELEASE
AVCW-63238 2,426円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー続編『ディセンダント2』10月21日に日本初放送、キャスト来日も決定
ディズニー悪党の子供たちが大活躍 『ディセンダント』続編が2017年に放送決定
ケニー・オルテガ監督来日インタビュー 最新作『ディセンダント』について語る「新たなムーブメントを作る“何か”が本作にあることは間違いない」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。