ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“厳しくても部下がついてくる経営者”は、“ただ厳しいだけの経営者”と何が違うのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“厳しくても部下がついてくる経営者”は、“ただ厳しいだけの経営者”と何が違うのか?

上司の大きな仕事の一つは部下育成だ。部下を一人前に育て、さらには幹部に引き上げる。その使命がある。

しかし、多くの上司にとって育成は悩みの種だ。「どんなコミュニケーションを取っていいのか分からない」という人は少なくないだろう。

そんな人たちにとって、ヒントとなる本がある。

これまでリーダーシップや「叱り方」「話し方」についての本を執筆してきた嶋田有孝氏の新著『苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール』(日本実業出版社刊)だ。

本書は、嶋田氏が新卒から勤め、現在は社長を務める株式会社日経サービスでの経験を元に、「上に立つ人」の振る舞い方や仕事の進め方、そして周囲とのコミュニケーションの取り方を、物語仕立てで教えるビジネス書である。

本書の主人公は若い頃の嶋田氏をモデルにした「ボク」と、株式会社日経サービスの現名誉会長である近藤勲氏をモデルにした「オヤジ」。

今回は嶋田氏にインタビューを行い、「オヤジ」とのエピソードに触れながら、部下育成術について語ってもらった。

(新刊JP編集部)

■「上に立つ人」は「自分」「私心」を捨てなければいけない

――本書はもともと株式会社日経サービスの近藤勲名誉会長の教えを伝える研修資料だったそうですが、それをなぜ書籍化しようとしたのですか?

嶋田:平成29年4月、私の会社は50周年を迎えました。

グローバル化が進み、人工知能やIoT技術が進化する今、世の中はすごいスピードで変化しています。私たちは、その変化に合わせた経営を行わねばなりません。

しかし、その一方で、時代を超えて引き継いでいくべきものもあります。それは、会社の経営理念であり、創業の思いです。

ところが、その理念や思いを説明によって伝えることには限界があります。そこで、50周年を機に、創業者のエピソードをストーリーとして後輩たちに伝え、理解を深めてもらおうと考えました。それが、今回の文章です。

「創業者の人物像や仕事観を伝えたい」。

その一心で書いたもので、社外に発表する予定はありませんでした。しかし、文章を読んだ社員から「本にして発表してはどうか」という声が上がりました。

文章の舞台は大阪です。そこで大阪に本社がある日本実業出版社さんに原稿を持ち込み、ご相談したところ、出版を快諾していただきました。これが、原稿作成から書籍化に至る経緯です。

――近藤名誉会長、本書では「オヤジ」となっていますが、そのオヤジとの「出会い」に触れた章で、「オヤジの叱り方が表面上は厳しかったが、中身はとても温かった」と書かれています。それはどんな温かさだったのでしょうか?

嶋田:オヤジの叱り方は、表面だけをとらえると相手を否定しているように聞こえます。

しかし、オヤジは、心から部下の能力を信じていました。部下が成長することに確信を持っていました。

オヤジは、部下の成長を祈り、心を鬼にして叱ってくれていたのです。

叱ることを通じて、オヤジが私たちに激しくぶつけてきたのは、怒りではありません。励ましです。だから、いくら厳しい言葉で叱られても、温かさを感じたのだろうと思います。

――「オヤジ」が叱る時の言葉は厳しさがありますが、嶋田さんは「オヤジ」から言われた言葉で最も印象に残っているものはなんですか?

嶋田:オヤジには、いくつかの決め台詞がありました。「すべての対策は現場にある」「自分の頭で考えるな」など、私たちは同じ言葉を何回も聞かされました。

私は、自分が管理職になり、部下を指導する際、同じ言葉を繰り返すことにためらいがありました。「また同じことを言っている」と思われることを恐れていたのです。だから、指導の都度、言葉を変え、表現を変えるように心がけていました。

しかし、今回、若い頃を振り返ると自分の頭に残っているのは、何回も聞かされ続けた言葉でした。そう思うとリーダーは、オヤジのように決め台詞を持つべきなのかもしれません。

オヤジの言葉の中で、もっとも印象に残っているものを一つ選ぶとしたら「お前ならきっとできる。思う存分やってみろ」です。それこそ何百回も聞かされ、いつも励まされた言葉でした。

――それはとても印象深い言葉です。「オヤジ」はなぜその言葉を何度も嶋田さんにかけたのでしょうか。

嶋田:オヤジは、長い目で物事を見る人でした。自分は正解が分かっていても、あえて教えず、部下に考えさせるのです。その結果、部下が失敗して短期的に会社の業績が下がったとしても、その失敗によって部下が学べば、未来に取り返すことができるという考えを持っていました。だから、繰り返しこの言葉をかけてくれたのだと思います。

私自身、何度も何度も失敗しました。社運をかけた新規事業を任され、大失敗したこともあります。しかし、私が失敗を重ねても、オヤジは、我慢強く成長を待ってくれました。仕事をしていて、時には、心が折れそうになったこともあります。自信を失いそうになったこともあります。そんなときは、いつもきまって「お前ならきっとできる」と励まされました。

――嶋田さんが考える、「上に立つ人」の条件について教えて下さい。

嶋田:一般に「上に立つ」と遠くを見渡すことができます。その一方で、高いところにいるので目立ち、低い位置にいる人からしっかり見られるようになります。「見えるけど、見られる」のです。

昔から「子は親の背中を見て育つ」と言われますが、企業においても、部下は、「上に立つ人」を見て育ちます。

リーダーが整理整頓のできない人なら、部下はだらしなくなります。

リーダーが遅刻ばかりすれば、部下は時間にルーズになります。

口先でどれほど立派なことを言っても、ほとんど意味はありません。行動で示すことができなければ、誰も言うことを聞いてくれません。リーダーは、部下の模範となることが求められるのです。

また、「上に立つ人」は、「自分」「私心」を捨てなければなりません。

スポーツの世界で、コーチは、選手を伸ばし、チームを勝利に導くために存在します。選手よりも前に出て、脚光を浴びようとするコーチなどいません。立ち位置が選手とは違うのです。

これは企業においても同じ。リーダーが「部下に好かれよう」「自分の評価を高めよう」などと思うと、その役割を果たすことはできないのです。

「見られている」と自覚すると同時に、私心を捨て、自分自身のことよりも、チームのことを優先すること。これが、「上に立つ人」に求められる第一条件だろうと思います。

(後編に続く)

【関連記事】

元記事はこちら

三角コーナーや水切りは置かない、動線に合わせた収納…「台所のやる気」の作り方

アメリカの白人労働者たちとエリート層の歩み寄りは可能か? 専門家に聞く

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。