体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内移住するならどこがいい?助成金のある移住者に優しい自治体【関東編】

国内移住するならどこがいい?助成金のある移住者に優しい自治体【関東編】

日本で最も人が多く暮らしている関東。東京や神奈川を中心に、人口が毎年増えているような自治体では残念ながら移住者を積極的に受け入れる助成制度が存在しませんが、北関東を中心に移住者を受け入れている自治体もあります。

茨城県城里町は町営住宅で子育てすれば30万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:関東編】
東京湾とレインボーブリッジ

関東圏外からはもちろん、関東圏内でどこか郊外で暮らしたいという人も、ぜひともチェックしてみてください。

 

移住するだけで、まとまった助成金がもらえる自治体

茨城県城里町は町営住宅で子育てすれば30万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:関東編】
千葉から眺める富士山

最初は移住をするだけで、まとまった助成金が受け取れる関東の自治体を紹介します。冒頭でも触れたように、東京都や神奈川県、埼玉県などでは移住に伴う助成金を期待できませんが、一部の地域では受け入れ体制を整えてくれています。

・千葉県いすみ市・・・満40歳以下の移住者に3万円(同一世帯に属する子どもと移住する場合、1人につき1万円加算)

・茨城県城里町・・・町外に暮らす子育て世帯が、指定の町営住宅に入居し子育てをスタートすれば30万円 ※夫婦のいずれかが40歳未満、あるいは子どもが中学生以下の世帯に限る

千葉県のいすみ市とは、九十九里浜の南端で勝浦とも隣接した自治体。関東でありながら、外房ののんびりとしたエリアですから、移住先としては候補になりますよね。茨城県の城里町は、水戸市のすぐ近くにある自治体です。なかなか助成が充実していない関東で、30万円とは破格です。

茨城県城里町は町営住宅で子育てすれば30万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:関東編】
横須賀の猿島

もちろん他にも、家賃補助や移住体験などの形で移住者を募っている自治体があります。2016年度の情報になりますが、関東圏内で移住者を積極的に受け入れている自治体をまとめてみました。

茨城県:日立市、常陸太田市、高萩市、笠間市、城里町、河内町

栃木県:宇都宮市、栃木市、佐野市、日光市、矢板市、那須烏山市、茂木町

群馬県:桐生市、沼田市、安中市、みどり市、片品村

埼玉県:横瀬町

千葉県:銚子市、君津市、いすみ市、栄町、大多喜町、御宿町

神奈川県:横須賀市

住宅入手にまとまった補助金を出してくれる自治体

茨城県城里町は町営住宅で子育てすれば30万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:関東編】
千葉県鴨川市の海

住宅購入の段階で、まとまった補助金を出してくれる自治体は、関東ではどこになるのでしょうか? 金額的に充実している自治体は、北関東や千葉県が多いです。例えば、

・群馬県桐生市・・・5年以上の定住を条件に、住宅購入で最大200万円(基本補助と加算補助の合計金額)

・千葉県鴨川市・・・市内業者によって建築された住宅を購入した場合は100万円

・千葉県南匝瑳(そうさ)市・・・市外から転入し、5年以上居住する意思がある人を対象に、新築購入で40万円。市内業者で建築すると20万円の加算。さらに39歳以下の若者夫婦加算(20万円)、義務教育終了前の子ども加算(1人につき5万円。最大20万年)もあり。中古住宅購入の場合は、20万円+若者夫婦加算、子ども加算(額は新築購入と一緒)

などが挙げられます。群馬県桐生市は栃木県の県境にある都市で、千葉県の鴨川は南房総国定公園の一部、匝瑳市は銚子市の近く、九十九里の北端で太平洋に突き出した犬吠埼の根元にある町ですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。