ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サム・スミス、“一番大好きなアーティスト”故ジョージ・マイケルのカヴァーを披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
サム・スミス、“一番大好きなアーティスト”故ジョージ・マイケルのカヴァーを披露

 BBC Radio 1の『Live Lounge』月間の大トリとして2017年9月29日に登場したサム・スミスが、アリシア・キーズの「Try Sleeping With a Broken Heart」と故ジョージ・マイケルの「ファーザー・フィギュア」のカヴァーを披露した。

 9月30日に50周年を迎えるRadio 1を記念し、時間を延長して放送されたサムのライブ。“一番大好きなアーティスト”と紹介したジョージの名曲を、しっとりとソウルフルに一通り歌い上げた彼は、聞き入る観客に向かって、「カモン、Radio 1!今すぐジョージを祝おう!一緒に歌って!」と手拍子を促して盛り上げ、アップテンポな「フェイス」の一部を挿入して「ファーザー・フィギュア」との巧みなマッシュアップに仕立て上げた。

 このライブでサムは他に新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ~さよならに慣れすぎて」や大ヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」、「レイ・ミー・ダウン」、「アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン」、「リーヴ・ユア・ラヴァー」、そしてディスクロージャーとのコラボ曲「ラッチ」を披露したとNMEが伝えている。

 ジョージ・マイケルは2016年12月25日に53歳で死去した。

◎「Father Figure」映像
https://youtu.be/2nFO0sMs9Zs

◎「Too Good at Goodbyes」映像
https://youtu.be/rjINNeC0DFA

関連記事リンク(外部サイト)

サム・スミス、第2章の始まりとなる新曲が全英1位を獲得! ミュージックビデオ公開
【米ビルボード・ソング・チャート】テイラー・スウィフトが首位死守、サム・スミス新曲が5位初登場
期待を裏切らない、鳥肌が立つほど美しいピアノ・バラード / 「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」サム・スミス(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。