ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビール×赤ワイン×日本酒×ブランデーで煮込んだほろほろ牛タン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月30日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分~)では、大阪市で視聴者プレゼントを探すコーナーで、「Niku Teria カルネバッカ(ニクテリアカルネバッカ)」(大阪府大阪市西区)が紹介された。

地下鉄長堀鶴見緑地線・西大橋駅から徒歩2分のこちらのお店。
店名の“カルネ”とはイタリア語でお肉を指す。“バッカ”は日本語をイタリア語風にネーミングしており「お肉ばっかり」という意味だそう。
「牛タンのへべれけ煮」(1,598円)と「バターライス」(100円)をヒロド歩美さんがいただいた。

「牛タンのへべれけ煮」はビール・赤ワイン・日本酒・ブランデーなどの様々な種類のお酒をドボドボと入れて煮た一品。

「牛タンのへべれけ煮」を頬張ったヒロドさんは、「おーっ!おいしい!」と大興奮。
「わぁっ、衝撃!タンの繊維の中にお肉の旨味とへべれけ達(お酒)が混ざってて、おいしーい!」と感動を伝えた。
ご飯が欲しくなったヒロドさんは「バターライス」と一緒にさらにパクリ。「おーっ!わぁーっ!」と再度歓声をあげたヒロドさんは、「バターライス合いますね!ご飯のホロホロなっていく感じと、牛タンのホロホロなっていく感じがたまんない!」と大絶賛だ。

スタジオで「牛タンのへべれけ煮」と「バターライス」を試食したコメンテーター達も、「(今までのお土産で)もっともでかした!」「うわ、なにこれ!?おいっしい!」「とろっとろなんだね!」「しっとりホロホロ!」「アルコール臭とか、まったくお酒っぽくなくて、旨味だけが強くなってる!」「シチューと大阪のスジ煮込みみたい」「お酒に合う!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:肉バル Niku Teria カルネバッカ 堀江(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:心斎橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:心斎橋×居酒屋のお店一覧
丹精込めて作られた「究極のカレー」がいただけるお店
骨まで食べられるジューシーな「ホッケ焼き」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。