ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

骨まで食べられるジューシーな「ホッケ焼き」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

10月1日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、道内No.1の港町・北海道・釧路を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「シャケ番屋」(北海道釧路市)が紹介された。

同店は、JR根室本線釧路駅から車で10分程にある工場直売店。釧路港近くにあり、朝早くから大勢のお客で賑わいをみせるこちらのお店では、港直送の種類豊富な新鮮な魚を取り揃えており、ウニやイクラなどを贅沢に載せた「スペシャル丼」(2,600円/税込み)や「炉端焼き」などを味わうことができる。

日村勇紀(バナナマン)が注文した「ホッケ」(800円/税込み)を待っていると、お店の方のサービスで「トキシラズ」(400円/税込み)、「さんま」(400円/税込み)、「いくら丼(小)」(750円/税込み)を頂く事に。

日村さんが「いくら丼(小)」を一口頂くと「まじで50粒くらいのいくらが1回でもう大爆発、口の中で…うまい!」とコメント。「トキシラズ」を頂くと「めちゃくちゃうまい!」と一言。続いて「さんま」を頂くと「うまい!何なのこれ?本当に!めちゃくちゃ脂のってる…いや~すごいわ!北海道で食べるさんまもちょっとうまいね!」と絶賛していた。

焼き上がった「ホッケ」の身を箸で掴むと「ちょっと待って…もうジューシーさが、もうほらわかんじゃん、滴れ落ちんじゃん!」と興奮した様子。日村さんがホッケを一口頂くと「うほほほほ、ほ~い!」と笑顔でコメント。「もうホッケ汁っていうの…すごいっしょ!ジュースじゃんもうこれ!」とコメントした。こちらの「ホッケ」は骨まで食べることができるそうで、骨や尻尾もパリパリにして食べるのがお店流の楽しみ方なんだとか。日村さんがパリパリに焼いたほっけの骨を頂くと「うまいわ、本当だパリパリでうまい!」とコメントし、料理を完食した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鮭番屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:釧路・阿寒のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:釧路・阿寒×和食のお店一覧
丹精込めて作られた「究極のカレー」がいただけるお店
骨まで食べられるジューシーな「ホッケ焼き」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。