ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アルバイトでも有給休暇ってもらえるの?いつから?日数は?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アルバイトでも有給休暇ってもらえるの?いつから?日数は? アルバイト 有給 アルバイト 有給

正社員同様、パートやアルバイトでも有給休暇を取得することができるのですが、会社から説明を受けない限り、「知らなかった」という人は多いのではないでしょうか。法的に定められた制度なのできちんと理解して活用したいもの。今回はパートやアルバイトの有給休暇の付与について詳しく紹介していきます。

【目次】

1.アルバイトでも有給休暇をもらえる!

2.有給休暇はいつから取得できるの?

3.有給休暇は何日とれるの?

4.週1のバイトだけど有給休暇ってもらえる?

5.有給はいつでも休める?伝えるタイミングは?

6.有給をとりたい時はどう言えばいい?

7.まとめ

アルバイトでも有給休暇をもらえる!

有給休暇とは労働基準法によって定められている「年次有給休暇」のことです。一定の要件を満たせば、休暇を取得してもその日の分の賃金が支払われるこの制度は、正社員だけでなくパートやアルバイトでも適用されます。この制度は個々の会社の事情によって異なるものではなく、労働基準法によってパートやアルバイトであっても有給休暇を取得できるものと定められています。

有給休暇はいつから取得できるの?

有給休暇が発生するタイミングは、働き始めた日から6か月間継続して勤務し、8割以上の日程を勤務していたときに付与されます。2年目以降の有給休暇は、1年目の労働日数の8割を超えたときに与えられ、勤務継続年数に応じて有給の日数が増えていきます(6年6か月以上勤務すると、その日数は固定されます)。

ただし有給休暇には有効期限があり2年後には消滅します。そのため例えば勤務から半年後に10日間有給休暇を取得できたとしても、2年間休暇を使わなければ10日分が消滅してしまうのです。有給休暇は心身ともに疲労の回復を目的とする制度でもあるので、計画的に有効に活用するといいですね。

有給休暇は何日とれるの?

アルバイト 有給

パートやアルバイトでも正社員と同じような日数が取得できる場合とそれ以外の場合に分かれます。

勤務開始から6ヶ月継続して勤務し、 ①1日の労働時間に関係なく週5日勤務している場合・・・正社員と同じように年10日間取得できます。

(週5日、例えば1日1時間しか働いていなくても半年後には10日の有給休暇が付与されます)

②週4日の勤務であっても1日8時間労働である場合・・・1週間の労働時間が30時間以上になる場合は、正社員と同じように10日間取得できます。

就業から半年後に10日、1年半後に11日、2年半後に12日と1日づつ増えていき、3年半後からは2日づつ増え、6年半後には20日間の有給休暇が付与されます。

ただし付与される休暇は最大20日間までで6年半以上継続して勤務しても20日間となります。

週1のバイトだけど有給休暇ってもらえるの?

アルバイト 有給

それでは、上記①②に該当しない働き方の場合はどうでしょうか。 ③ 週の所定労働時間30時間未満、かつ週4日以下または年間216日以下の勤務の場合…所定の労働時間や労働日数によって取得できる日数が異なります。

例えば週1日しか勤務していないアルバイトであっても要件を満たしていれば有給休暇は発生します。付与される日数は以下のとおりです。

●週4日勤務(年169日~216日)

半年後…7日

1年半後…8日

2年半後…9日

3年半後…10日

4年半後…12日

5年半後…13日

6年半後…15日

●週3日勤務(年121日~168日)

半年後…5日

1年半後…6日

2年半後…6日

3年半後…8日

4年半後…9日

5年半後…10日

6年半後…11日

●週2日勤務(年73日~120日)

半年後…3日

1年半後…4日

2年半後…4日

3年半後…5日

4年半後…6日

5年半後…6日

6年半後…7日

●週1日勤務(年48日~27日)

半年後…1日

1年半後…2日2年半後…2日

3年半後…2日4年半後…3日

5年半後…3日

6年半後…3日

上記のように所定労働時間が週30時間未満である場合は、労働時間ではなく労働日数で有給休暇の日数が決められます。したがって、週1日1時間しか働かなくても週1日8時間働いても同じ日数となります。

有給はいつでもとれるの?伝えるタイミングは?

アルバイト 有給

有給休暇は基本的にいつ使っても本人の自由です。有給休暇を取得するために、雇い主にいつまでに伝えなければならにという法的定めはありませんが、会社のルール(就業規則等)には従う必要があります。有給休暇が時効消滅してしまう前であれば、いつでも大丈夫です。

しかし、繁忙期に突然「明日休みます」といっても、日程の変更を求められることがあります。会社は有給休暇の取得を原則として拒めませんが、業務に大きな支障がでると判断される場合には、有給休暇の日程を変更させることはできるからです。これを「時期変更権」といいます。ただし、この「時季変更権は」忙しいという理由だけではほとんど使えません(例外的な忙しさのみ)ので、実際の現場では、雇用主から変更するようにお願いがされると思います。お願いをされたら、なるべく応じるようにしましょう。

有給をとりたい時はどう言えばいい?

アルバイト 有給

会社に有給休暇の取得理由を説明する必要はなく、「私用のため」と伝えれば問題ありません。ところが、会社によってはしつこく取得理由を尋ねてくる場合もあるでしょう。「伝える必要がない」と押し切っては、その後の関係性に影響がでるかもしれません。嘘はよくありませんので、「私用のために休ませてください」と言ってそれ以上言わないようにすればよいでしょう。答えられる範囲で簡潔に理由を伝えてもよいです。もっとも、一度に上限ギリギリの有給を取得しようとすると、会社からは時期をずらしてほしいと相談されることがあります。この際には、会社と相談して日程を決めてください。

まとめ

アルバイトも正社員と同じ労働者として有給休暇の取得が認められています。定期的なリフレッシュで作業効率が上がれば、会社にとっても有益なはずです。ただし、いくら権利があるといっても休暇の申請をする際には職場に迷惑をかけないように、繁忙期をなるべく避けたり、シフト決定の前に休暇の意思を伝えるなど配慮して、お互いに気持ちよく働けるように心がけたいものです。 [監修専門家]

菅田 芳恵(社会保険労務士)

愛知大学法経学部経済学科卒業後、証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。

関連記事リンク(外部サイト)

「アルバイト」と「パート」に法律上の違いってあるの?
アルバイトを辞めたいのに辞められない…そんなときに知っておきたいバイトにまつわる法律
これは知っておきたい!学生でも知っておきたいバイトにまつわる法律とは

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。